FC2ブログ
2018.10.14 流通市場
64aa9514-s.jpg
三輪惠比須神社は海石榴市の流れを汲む三輪の市場を守る市神。
テレビでは築地市場の終焉と豊洲市場の始まりと云う話題が氾濫。
先週の産経新聞には築地市場のルーツは400年前との記事を掲載。
家康が連れて来た大阪(摂津)の漁民に日本橋付近で漁をさせた云々。
記事を読み私は思った、魚河岸と市場の違いを記者は解っていない。
河岸とは船着き場のこと、摂津から来た漁民は江戸前(東京湾)で漁をした。
漁船を着ける場所が魚河岸でそこには魚の買い付けする魚問屋が並んだ。
漁民は獲った魚を荷揚げ場で魚問屋に売り渡すだけ、つまり漁民である。
魚河岸を魚市場という流通市場にする概念は漁民にも魚問屋にも無かった。
日本全土を睨んだ市場という概念を持っていたのは奈良・桜井の人達。
大和の上つ道(山辺の道)は中世から有数の交通の要衝地であった。
全国から物産が集まり、桜井の海柘榴市(つばいち)や丹波市
(現天理)が立った。
江戸の魚河岸に市場の概念を持ち込んだのは桜井の人達であった。
『東京市史稿』に、この魚市場は「和州桜井村の大和屋助五郎が魚商として市場を開いた(生簀が人気に)」とに紹介されている。
つまり、江戸湾だけの漁法だったものを、静岡や伊勢湾、房州沖まで展開。
獲った魚を船の生簀に入れたまま活魚として日本橋の生簀に持ち込む形にした。
このことで遠洋のカツオやタイなんぞが日本橋まで運ばれることになった。
江戸っ子が「女房を質に入れても初ガツオ」といったのはここからである。
市場の神様であった桜井の恵比寿神社も日本橋の市場横に祀られ今も残る。
テレビも新聞も400年前の市場開設に働いた桜井の人達に触れていない。
ままこの話、前にも書いたが再度書き込むことにした。
上方では恵比寿神社を「えべっさん」と呼んで商売の神、つまり市場の神とする。
スポンサーサイト
2018.10.11 不一不二
IMG_20181005_095421.jpg
朝の玄関に芳しい香りを漂わせていた金木犀もぽつぽつと散り出した。

昨夜、書簡を認めていて末尾を不一か不二か違いが気になり調べてみた。
すると私の生家の近隣の住まわれていた岡潔先生の話に突き当たった。
「自然科学は間違っている。
不一不二だから、めざめた人はこうなる・・、
花を見れば花が笑みかけているかと思い、
鳥を聞けば鳥が話しかけているかと思い、
人が喜んで居れば嬉しく、
人が悲しんで居れば悲しく、
人の為に働くことに無上の幸福を感じ疑いなんか起こらない。
こんな風です。
つまり、個というものは、別々のものだが、全体として1つでもある。つまり、1つとも言えないし、2つともいえない。つまり、数の概念が使えない。だから、数学では扱えない世界である。そういうものである。」

偉大な数学者であった岡潔先生の「自然科学は間違っている」。
ノーベル賞の本庶佑先生の「教科書に書いてあることを信じるな」。
何やら御二人、よく似た話やなと面白がっていたら、不一不二が遠のいた。
昨夜の書簡は「不一」にした。次は「不二」にしよう。
まま、秋の金木犀と春の沈丁花の違いであろう。
2018.10.09 好日に乾杯
IMG_20181009_153447.jpg
向うの女房は「豚玉」、此方の私は「すじ葱」。
今日は女房の退院で息子と娘婿と私の三人で迎えに行った。
病棟と事務所の皆に挨拶をしていると院長も来てくれた。
退院と云っても、完治したわけでなく90日で一旦退院の決まりである。
院長は平の医師の時からの主治医でアレコレありの長い付き合いとなる。
家に戻って荷物の整理をしてから、女房と二人で昼夕兼用の食事を考えた。
女房の足が覚束ないので、百貨店の食堂街ならよかろうとなり送ってもらう。
タテ飯・ヨコ飯・ナナメ飯と覗きながら何が食べたいかと聞くと「お好み焼き」。
お好み焼きはタテかヨコかナナメか分らんが、粉もの食文化であろう。
珍しく女房も飲むと云ってライムサワーを注文、私は芋焼酎。
私が乾杯と云うてグラスを差し出すと明るい顔で応じてくれた。
百貨店内で女房の手を取って歩いていると人の目が好意的である。
まま、取り敢えず今日は好日であった。
2018.10.05 大岡裁き
IMG_20181004_151955.jpg
伊勢志摩限定という地ビール「神楽ビール」。
女性茶人が車庫に置いてくれていたもの。貰い物のお裾分けだとか。
ふと思ったのが江戸南町奉行として名を残す大岡忠相越前守のこと。
女房は時代劇が好きで「水戸黄門」「暴れん坊将軍」「大岡越前」をよく観ていた。
「暴れん坊将軍」の主役は徳川吉宗で脇役が大岡越前、「大岡越前」の主役は当人。
よって時代劇の常連人物であるが、この大岡越前の前職は伊勢・山田奉行であった。
隣接する紀州藩の藩主が徳川吉宗であり、そこで知遇を得た云々が後世の巷話である。
まま、越前の名裁きを「大岡裁き」と称して江戸の芝居噺となり有名になったとか。
劇では、市中引き回し・獄門磔・打ち首・遠島や百叩き云々の越前裁きが申し渡される。
中で私が引っ掛かる罰に「江戸処払い」というのがある。要は江戸からの追放である。
当時の江戸は新宿・品川・板橋の三角内であり、その三角内からの追放とか。
犯罪人は江戸以外では無罪放免、江戸の犯罪人は上方へ行けば自由に生活し得た。
何やら江戸の身勝手な刑罰のようで、上方者の私には釈然としないものが残る。
大岡忠相の実父・大岡忠高は奈良奉行、忠高裁きには「奈良処払い」があったかも。
とか何とかつまらんことを考えながらの伊勢志摩地ビールKAGURAをグイと空ける。
そう云えば、娘家族はこの19・20・21日に伊勢志摩へ行き、孫に水族館を見せるとか。
我々夫婦を置き去りにすると「奈良処払い」の刑に処するつもりである。
IMG_20181001_144655.jpg
小屋の屋根に巨木の枝が折れて落ちている。枝と云っても太さは30㌢ほどある。
台風24号が過ぎ去った朝のこと、伊賀越えの小屋の隣人から電話があった。
「台風でお宅の屋根に木が落ちている、屋根が破れているかも云々」と。
大工の友人に話を伝えてチェーンソー持参で一緒に伊賀越えを願い、昼に到着。
二時間ほどを掛けて木を取り省き、友人は屋根に上がって点検。破れてなく安心。
他の片づけや点検も終え、温泉でひと汗流してビールと焼酎の冷水割り。至福。
テレビを点けるとキャスターが何やら興奮気味で二つの話を報じていた。
一つは貴乃花の離職、二つには本庶佑京大特別教授のノーベル賞受賞である。
貴乃花のことで友人曰く「この男は事を騒がすだけで筋が通らん話が多い」云々。
私も同意する。友人も高校で相撲をやっていたのでソコソコ詳しい。
本庶はん、顔付きがエエ。背筋が伸び顎を引いての腕組みで眼光が鋭い。
アメリカ留学も人種差別を感じて日本へ戻ったと聞く。硬骨漢であろう。
亭主関白とかで、車を降りて奥方に構わず会見場所へ一人で先に歩いてなさる。
ノーベル賞の賞金は京大へ寄付とか、ノーベル賞何ぞやの風が感じ取れる。
先の受賞者である京大の山中教授がインタビューに感想を問われ答えていた。
曰く、「大先輩の本庶さんは必ずノーベル賞を受賞される方だと思っていた云々」。
私、「この物言い、こ奴アホちゃうか、ノーベル賞の根は欧州白人の人種差別なのに・・」。
温泉の湯と友人との二人語りで酒の酔いが心地良く、いつしか寝ていた。
そう云えば、時たまコメントを下さる廃医師はんは本庶はんと同期かも・・。