2017.05.22 花筏
IMG_20170522_094350.jpg
卒塾者の奥さんが育てられた花筏(ハナイカダ、Helwingia japonica)が花を付けた。
学名通り日本原産、変種に琉球花筏と台湾花筏があるとは石蕗の生態に似ている。
花筏という名も風情があって茶花として重宝されており、私の好きな花である。
本来は、川面に散った桜の花弁が浮かぶ様や流れる葉が花弁を受けた様を云うとか。
花筏の用語は室町期の閑吟集(かんぎしゅう)という歌謡を集めた書に出ているらしい。
「 吉野川の花筏  浮かれてこがれ候(そろ)よの 浮かれてこがれ候よの 」
このことを知って、私は益々「花筏」が好きになった。

昭和30年代前半に吉野川の畔で育った私はよく筏流しを見た。
細い山道を丸太一本曳きずりながら小さな驢馬(ろば)か木曽馬が降りて来ていた。
下の道で十本位を荷車に乗せ、それを大きな輓曳(ばんえい)馬が曳いていた。
勿論、道の至る所に馬糞が落ちており、それを目にしていたので「馬糞紙」には納得。
吉野川の淀にまで運ばれた丸太は、そこで筏に組まれて川に流されていた。
今の近鉄吉野線の元は、山持が金を出して大正元年に開通した木材運搬の吉野鉄道。
筏流しの唄、好い唄だと記憶していたのでネットで探してみたら、あった。
1952年、昭和27年の録音盤である。
https://www.youtube.com/watch?v=uSuNEIpgsYk
今年2月のNHKラジオ放送で女が歌うのもあった。私は女の筏乗りは見たことがない。
https://www.youtube.com/watch?v=DHUxhDE5SEU
1、ハァーア吉野川にはヨ 筏を流す 流す筏に 上る鮎ホーイホイ
2、ハァーア私ゃ吉野のヨ 山奥育ち 米のなる木を まだ知らぬホーイホイ
3、ハァーア一度見て来いヨ 吉野の奥は 一目千里が 杉檜ホーイホイ
4、ハァーア下へ下へとヨ 筏を流しゃ 谷間の鶯 連れて啼くホーイホイ
スポンサーサイト
2017.05.22 石蕗に訊き度
IMG_20170521_064524.jpg
卒塾者宅の水道栓に自生する石蕗(つわぶき)、切り取らないでおくところがお人柄。
石蕗は日本列島と台湾だけに自生する植物、云わば日本原産の固有種。

19日のニュース、「沖縄・石垣島で国内最古の人骨、2万7千年前、墓域も初確認」
私はその165㌢という高身長と遺伝子に興味を持った。
縄文人の身長は男で158㌢程度、対して島根県で出た弥生人の身長は男が163㌢。
我々の世代の平均身長は166㌢で、帝国陸軍兵士は162㌢、幕末の男は158㌢。
ミトコンドリア(mt)遺伝子はM7a型、この遺伝子はN9b型と共に日本固有の遺伝子。
mt遺伝子は母系伝達であり、その経路が民族(人種)の歴史を示す。
男系伝達はY染色体遺伝子だが、そのことは報じられてはいない。

石垣島は日本最南端の八重山諸島にあり、台湾とは近距離とは近い。
ところがである、八重山諸島と台湾との海峡で人の遺伝子的には大きな断絶がある。
世界最広域に分布するオーストロネシア語族は台湾原住民の高砂族が源である。
因みに、台湾原住民・高砂族は先住民と呼ばれることを拒否する。
先住民とは死に絶えた民を意味し、台湾では差別用語とされている。

台湾からフィリピン、インドネシア、マレー半島、インド洋を越えてマダガスカル島へ、
さらには、東の太平洋のポリネシア諸島にも拡散し、筋骨屈強人種をつくった。
この民族移動、何千キロにわたる航海術の会得があって初めて為し得るもの。
にも拘わらす、至近距離にある台湾と八重山諸島とは遺伝子の断絶があるのは何故か。
日本列島人の成り立ちとは・・・、興味が尽きない。
日本列島と台湾にだけ自生する「石蕗」、訳を知るなら訊ねたい。



2017.05.21 頂戴物
IMG_20170521_090532.jpg
今朝9時前に広島から届いた品である。生もみじ饅頭・牡蠣醤油・海鼠腸(このわた)。

昨日、広島の上田流茶の湯の高齢の先生から電話をもらった。
この日曜日(21日)は京都大徳寺で恒例の流祖忌が行われる。
私は毎年出向いており、それなりの役割を果たして来た。
私が流儀組織を外れた今年は、部外者として関与することはなくなっていた。
その高齢の先生は、私が流祖忌に来るものと思い土産の手配をしたとの由。
私が行かないと知ると、その土産を送って来て下さったという訳である。
また、先日には流儀の宗家から季刊誌が私に届けられていた。
宗家と私は、流儀に対する見方と方向性での思いが少々すれ違い。
まま、宗家には逆らえない弟子の私は流儀を出た次第。
勿論、流儀の季刊誌購読もなくなったと承知していたが宗家から「贈呈」があった。
広島からの贈り物、色々な思いの中で有難く頂戴する。
2017.05.19 云い得て妙
IMG_20170516_151202.jpg
散歩道(愛犬ハナのオシッコ通り)の草叢に庭石菖蒲(にわせきしょう)が咲いていた。
観賞用に輸入されたものが野生化したのではなく、本来雑草的な種が帰化植物となったとか。
庭石菖の花言葉は「愛らしい人」だそうだが、云い得て妙である。

ここ最近の報道も云い得て妙な気がするものがある。
一つは、文韓国大統領が安倍首相との電話会談で日韓合意について伝えた話。
「韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられないのが現実だ」と述べたとか。
二つは、秋篠宮佳子内親王の婚約云々で女系天皇容認・女性宮家創設の再燃話。
野党や世論(国民)に憲法改正より皇族減少対策の優先を求める声が大きいとか。
二つとも国民、つまり民の心情を前に出して己の云い分を肯定しようとするもの。
反日教育と反日政策を国是とするのは、韓国民の民度の低さで、恥と矜持に欠ける。
女系天皇を主張するのは、似非知識人の文化的無知と育ちの悪さに起因する。
「民の声・世論」とは正に衆愚政治・ポピュリズムの肯定を表現する文言と論法。
民主主義の最大の弊害は世論というものが化け物化して国政を誤ること。
由って、賢人・哲人政治の必要が論じられたのはギリシャ時代のプラトンまで遡る。
韓国民のレベルでは愚衆政治致し方なしと思うが、日本国民にはそうあってもらい度なし。
政治家とマスコミのレベルは、その国民のレベルそのものとは、当に云い得て妙。
大衆に迎合し世論に媚び、且つ世論誘導で大衆を惑わすことは巌に慎むべし。
先の大戦も、新聞社の世論誘導と載せられた衆愚の結果とは周知のところである。
2017.05.17 睡眠する蓮
IMG_20170516_152008.jpg
卒塾者宅の勧修寺睡蓮が今年も咲いた。
何年か前に京都山科の勧修寺で「よかったら持って帰り」と云われてもらったとのこと。
睡蓮と云えば、フランスの印象派画家クロード・モネの絵が有名である。
モネ宅には日本の浮世絵が飾ってあり、日本庭園を模した庭造りがされていたとか。
睡蓮の英名がウォーターリリー、由って私は睡蓮を「水蓮」と書くものだと思っていた。
午前に咲いて、夜に萎む花 から、睡眠する蓮 で「 睡蓮 」 というとは最近知ったこと。
日本の原生種の睡蓮は「ヒツジ草」と呼ばれてるが、羊が喰う訳でも似てる訳でもない。
「未の刻 」(午前十時頃)に咲くことから、「 未草 」(ヒツジグサ) と呼ぶのだとか。
無知は恐ろしい。私は長いこと「水蓮」と書き、羊の餌にする水草と思っていたのだ・・。
因みに、レンコンは根が繋がっているので蓮根、いわゆる「蓮・ハス」である。
蓮・ハスの花と睡蓮は違うものだとかウンダラカンダラのたまう人も御座候。
更に因みに、私は昔から蓮根の穴は何の意味があるのか不思議に思っている。
まま、レンコン、煮物も天ぷらも好いが金平が美味い。焼酎に合う。