2013.02.16 勝手読み
昨日、学生時代からの旧友と拙宅で囲碁を打つ
その友人、一週間後に大きなガンの摘出手術を受けるとの由
茶を点て、二人で喫し、語らいつつ
一手一手ゆっくりと、碁石を盤上に置き合う
結果は、私の二局連敗
友人曰く、「お主の勝手読みはアカン」とか
妙に納得して、もう一服点てる
スポンサーサイト