2015.03.31 マッサンロス
b04203_ph04.jpg
竹鶴リタの故郷・カーカンテロフ町の博物館に展示されているリタの着物と帯揚げ
いずれも昭和六十年代に竹鶴家からカーカンテロフ町へ寄贈されたもの
説明文には、髪を黒くしたリタが和服姿で正座する写真が載せられている

1m_E3839EE38383E382B5E383B3E38080E5A293.jpg
ニッカ(大日本果汁株式会社→日果)創業者・竹鶴政孝と妻リタの墓

無題
竹鶴政孝がスコットランドで修業中に使用した大学ノート、縦書きであるのが嬉しい

NHK朝ドラ「マッサン」が終わり、いわゆる「マッサンロス」症状で朝が虚ろになった
私なりに総括をすると、嘘事もあったようだ

●横書きのメモを取る場面があったが当時は縦書き、竹鶴ノートも縦書き
●墓が英文横文字にされていたが、竹鶴夫婦の墓は縦書き漢字
 (因みに、実話ではリマの墓に政孝も自分の名を日付を記さずに刻んでいた)
●猪(イノシシ)を獲ったとして猪肉が出たが、北海道に猪は生息しない
●竹鶴リタは余市でも大阪弁であったが、テレビのエリーは「標準語」である
●エリーは全て洋服であったが、竹鶴リタは和服姿も多かった(上の写真)
●エリーはずっと日本暮らしだが、竹鶴リタはスコットランドに二度里帰りしている

まま、小言はここまで、マッサンロスを癒そう
ここ二日の陽気で晩生の秋篠川の桜も開花した
遠慮気味だったウグイスの声も大きくなって、仲間も増えたようだ



スポンサーサイト
2015.03.30 ナマコ
 manamako.jpg
「ナマコ」、黒・赤・青とあるが赤ナマコが旨く、値段も高い

昨夕、電話が入り、三条通りのそば屋さん「かえる庵」に女房殿と出掛ける
塾生が来ていて庵主と酒を飲んでいた、そして私に電話を入れたということ
酒席でマッサン物語に話の花が咲いた、エリーの手紙のことに波及したのだった

今朝五時過ぎに新聞を取りに行くと、道の向うが霞んで見えない
春霞かと、時候の贈り物に莞爾とする
新聞を見て気付いた、今日はもう「マッサン」の放映は無いのである
土曜日最終回のエリーの遺書を見て、私にある老夫婦の想い出が重なった
以下にエリーの遺書の要約を載せる

    大好きなマッサン、
    私と出会ってくれて、ありがとう。
    お嫁さんにしてくれて、ありがとう。
    この美しい国、そして、私のふるさとになった、
    日本に連れてきてくれて、ありがとう。
おかげで私は、とっても素敵なアドベンチャーができました。
だけど、アドベンチャーの終わりが近づいてきたようです。
最後に、感謝を込めて、この手紙を書き残します。
この手紙を読む頃、マッサンは、がっくりしているかもしれません。
    。
    。

    マッサンの夢は、ウイスキー。私の夢は、マッサンでした。
    初めて、告白します。私には、ウイスキーの味が、よく分かりません。
    味が濃い薄い、焦げ臭いとか、スモーキーフレーバーとか、
     ほとんど、よく分からなかった。ごめんね。
    だけど、私にとってマッサンのウイスキーは、
    いつだって、一番おいしいウイスキーでした。
    。
    。
  
    最後に、もう一つ、お願い。
   一日に一度、夜寝る前に、私のことを、思い出してください。
   そして、おやすみと言ってください。
   そしたら、私も、おやすみなさいと言って眠ります。
   マッサンには見えないかもしれないけど、
   私は、いつもマッサンのそばにいます。
   だから、寂しがらないでね。
   ありがとう。おおきに。
   あなたの愛しい妻、エリー。

この遺書を見て思い起した老夫婦とは私の仲人夫婦のこと
旦那さんは終戦時に海軍中佐として大本営軍令部に勤務していた軍人
奥さんは、旦那さんの艦隊勤務や連合艦隊司令部勤務の時でも
家を守り四人の子供を育てた、その一人が私の先輩となった

旦那さんは狐色の焦げ飯が好きなので奥さんは何時もお釜で飯を炊いて焦げを入れた
そして、赤ナマコが旦那の好物なのでよく食卓に出されていた
旦那さんが亡くなって後、先輩から聞いた話に私は唸った
先輩曰く「ウチの母親は広島の山間部の医者の娘で、ナマコやヒトデが大の苦手だった
それで、オヤジのナマコを料理すると手にイボイボ(ジンマシン)が出来ていた」

エリーのウイスキーへの話が、何となく私の仲人夫妻のことを思い出させた
この仲人夫婦の奥さんとナマコの話をすると、ウチの女房殿は機嫌を悪くする
愛の中で最も美しいのは老夫婦の愛だと、それを伝えたかっただけなのに・・
2015.03.29 玉ネギを剥く
2015032816220000.jpg
今朝のカシワシチューに使った玉ネギ、最近カシワを見なくなったが親鶏である
カシワの歯応えは若鶏、曰くブロイラーの比ではない、皮の歯応えは筆舌に尽し難い

別に、カシワシチューを話の題材にするつもりはない
以前、一年間禅修業を行う人達の集いに参加して、参禅というものをやった
導師の与える設問に答えて、良ければ次に進むというものであった
私は第一問から却下され続け、アホらしくなったのである
何故かと云うと、如何にも「無」という答えを求めいるのが見え見えであったからである

ある時、懐に包丁と玉ネギを入れて導師の前に坐った、相変わらずの設問に答えずに
私は無言で懐から包丁取り出し導師に向けた、導師は「何をするか、止めろ」
続いて私は玉ネギを取り出し、その包丁で真っ二つにした
そして答えて曰く、「玉ネギ、なんぼ剝いても、何もありまへんな」
そのまま私は席を立って、二度と参禅にはいかなくなった

昨日、人生の達人を自負される御仁から指弾された「アンタは人生への姿勢が悪い」との言
朝、玉ネギを切ろうとして、その時のことを想い出し、じっと玉ネギを見つめる私であった

2015.03.28 身の至らなさ
2015032716460000.jpg
♪赤い靴 履いてた 女の子 異人さんに 連れられて 行っちゃった♪
散歩途中で出会った赤い靴を履いたワンコ、女の人に連れられて行った

昨日には、怪物的な多芸多才の御方と話す機会を得た
その御仁は万葉仮名の習字と短歌を教えていらっしゃる方と聞いた
それは是非にもお教え願いたいと、御自宅まで伺った次第
御歳は八十を越えられておられるが、恰幅も良く矍鑠されている御仁であった

御自宅門前の立ち話から、「人の話は黙って最後まで聞きなさい」と質問はシャットアウト
家の中に招き入れられ、その御仁の話を色々と聞かせて頂くことになった
確かにすごい御仁である、文系理系の大学を四つ卒業し、今も京大の大学院で学んでいる
そして、自分は人を見るとすぐその人の程度が見て取れる力量を身に付けていると仰られる
私に対し、無知浅学であること、人生への姿勢が悪いこと、この二点をキツク咎められた
確かに当たっているだけに、平身低頭、二時間余り御仁のご高説を拝聴させて頂くことになる

六十数か国に滞在経験があり、英語独語は堪能、作詞作曲自在で毎晩ピアノを楽しむ
出版多数で、その本其々に寄せられた有名人の名を見せて下さり、ややドヤ顔的表情
その「読破」された本は数千冊に及ぶとか、私に対しこの一年で読破した本を聞かれた
私が「読破」した本は無いと答えると、そんなことでは話にならないと叱責される始末
時々、話が英語になり私が首を傾げると、「英語は会話の基礎になる、勉強しなさい」
ふ~む、と私がため息を付くと、「勉強不足である、図書館に通い勉学に勤みなさい」とも
まま、散々に叱られ訓示を頂いたのであるが、それなりに納得もした次第

ご高説の中に、妙に納得させられた話があった
「食事は半分に、歩くことは二倍に、笑いは三倍に、それも大笑い声で」と云われた
私が、「成る程、以前にある神社の宮司から似た話を聞いたことがあります」と合いの手
また叱られた、「黙って聞きなさい、余計なことは云わないこと」、私「ハイ・・」
そして次に「夫婦家族と云えども、朝起きたら一期一会の姿勢で対すること」、私「成る程」
その御仁の目付きが又もや厳しくなったので、私は押し黙る、もう口は挟まないでいた

何となく、教祖様に見えて来たところで、「私のところに来る人は東大卒の人も多い」
あれ、この教祖様、学歴コンプレックスが根底にあるのかという思いが過ったが黙秘
ともあれ、しっかり二・三年勉強に励み、そしてまたお話を聞かせてもらいますと別れに挨拶
会話にもならず、二時間余りの説法を聞いた気持ちにさせられたが、悪い気はしなかった
多少、御仁の自己陶酔というか自慢話が目立ったが、それも裏付けがあるようなので納得

「一期一会」の精神を夫婦家族に対して当てはめること、真っこと腑に落ちる話であった
まま、この御仁とお会い出来て、我が身の至らなさを思い知らされた
然しであるが、正直に思ったことは、この御仁の会社の方々は大変であろうなぁ・・
2015032509410000.jpg
近所の白木蓮の花が開き出した
大阪で桜の開花宣言があったと聞くが、秋篠川の桜の蕾は未だ固い

奈良県知事の選挙が始まったようで、選挙カーが我が家の前を通って行った
県外出身で市民運動家だというその候補者が叫んでいたことが気になった
「奈良県の居住者満足度は全国最低の四十七位、そんな奈良県を何とかしたい」
うん?と思い、調べてみると、幸福度や満足度、都道府県ランキング等があった
その中で、地域再生実行委員会とか法政大学の研究室のものを見ると

<上位10位>
1位 福井県 
2位 富山県 
3位 石川県 
4位 鳥取県 
5位 佐賀県 
5位 熊本県 
7位 長野県 
8位 島根県 
9位 三重県 
10位 新潟県 
…………………
<下位10位>
38位 東京都
39位 福岡県
40位 青森県
41位 沖縄県
42位 京都府
43位 北海道
44位 埼玉県
45位 兵庫県
46位 高知県
47位 大阪府

因みに、奈良県は31位
ついでに都道府県の魅力度というのもあった、それでは

1位 北海道 
2位 京都府
3位 沖縄県
4位 東京都
5位 神奈川県(恐らく横浜のこと) 
6位 奈良県 

まま、住んでる人と行きたがる人との感覚の違いであろうが、面白い
他の都道府県ランキングで見た面白いというか以外な話

パンの消費量の1位は京都府、コーヒーの消費量の1位は奈良県
因みに緑茶の消費量は1位静岡県、2位奈良県、3位京都府
牛肉消費量は1位奈良県、2位京都府、3位大阪府だとか、和食の本場は何処かな?

閑話休題、知事候補者というか、政治家志向の人
むやみやたらと人の不幸話を作り上げ、それを現体制の所為に置き換えること
それは大衆扇動の手口、大衆を最も愚弄するのが大衆政治家であるという言葉がある
私は、市民運動とかNPO活動とかいう旗を振って跋扈する人達に懐疑的な思いを持つ
ままここまで、喫茶去、茶を点てよう
1images9UCODDV6.jpg
暮れなずむ奈良、遠くに霞む生駒の山並み

今朝の「マッサン」で、死期を悟ったエリーが雪の川辺で英語で歌っていた
字幕の翻訳歌詞を見ていて、う~むと思い、メモを取ろうとしたが書き遅れた
そこで、昼の再放送時間に合わせ、メモの用意をして番組を待った
書き終えたところで、ピンポン、碁仇の同級生が迎えに来たのだ

元来、毎月の最終水曜日に相互訪問で碁を打っていた
私の運転免許取り消し以来、彼宅の時には彼が私を送り迎えをしてくれる
今日は彼宅での対局日、前回は私の二連勝だったので、意気高く車に乗り込む
そして、私が三連敗を喫して彼に送ってもらう車窓に見る奈良は暮れなずんでいた

まま、前置きはこれぐらいで、私は初めて聞いたその歌のこと
走り書きのメモを頼りにネットで調べてみると、出て来た「The Parting Glass」
ケルト民族(アイルランド・スコットランド)の古い伝統民謡だとあった
「Parting」は別れ・別離を意味し、日本語では「別れの杯」「別れの一杯」とか

https://www.youtube.com/watch?v=vzgGat75f5I

歌詞は以下

♪  
Of all the money that e’er I spent
I’ve spent it in good company
And all the harm that ever I did
Alas it was to none but me
And all I’ve done for want of wit
To memory now I can’t recall
So fill to me the parting glass
Good night and joy be with you all

今まで私が持っていたお金は、
すべて気の合う仲間たちと一緒に使ってしまった
人を傷つけることもあったけれど、
結局最後に傷つくのは自分だった
後先考えずにやったことなんて
今となっては思い出すこともできない
だから、別れの一杯をついでおくれ
さようなら 楽しんで生きておくれ…


なにか、身に沁みると云うか、身につまされる
11images.jpg
穴澤利夫少尉の婚約者・智恵子さん宅に置かれた遺影と寄木小箱
小箱の中には穴澤少尉が口にした煙草の吸殻一片が大事に仕舞われている
智恵子さんにとっては、婚約者だった穴澤少尉を偲ぶ唯一の形見だとか

1t02200268_0328040010371259880.jpg
特攻出撃に整列する隊員、一番手前が穴澤利夫少尉
婚約者・智恵子さんが編んだマフラーを特攻マフラーと共に首に巻いている

先の特攻隊を「さくら」を振って見送る写真、出撃した穴澤少尉には婚約者が居た
智恵子さんという方でご存命であった、上の写真の後ろ姿の方である
穴澤少尉の遺書を読み、私は胸が詰まった
やはり、卒業ソングとされる「さくら」は、特攻の歌である方がより相応しいと思った

穴澤利夫少尉(二十三歳) 遺書

 二人で力を合わせて努めて来たが終に実を結ばずに終わった。
希望も持ちながらも心の一隅であんなにも恐れていた“時期を失する”という
ことが実現して了ったのである。

 去月十日、楽しみの日を胸に描きながら池袋の駅で別れたが、帰隊直後、
我が隊を直接取り巻く情況は急転した。発信は当分禁止された。
転々と変えつつ多忙の毎日を送った。
 そして今、晴れの出撃の日を迎えたのである。
便りを書きたい、書くことはうんとある。

然しそのどれもが今迄のあなたの厚情に御礼を言う言葉以外の
何物でもないことを知る。

 あなたの御両親様、兄様、姉様、妹様、弟様、みんないい人でした。
至らぬ自分にかけて下さった御親切、全く月並の御礼の言葉では済み切れぬ
けれど「ありがとうございました」と最後の純一なる心底から言っておきます。

 今は徒に過去に於ける長い交際のあとをたどりたくない。
問題は今後にあるのだから。
 常に正しい判断をあなたの頭脳は与えて進ませてくれることと信ずる。
 然しそれとは別個に、婚約をしてあった男性として、散ってゆく男子として、
女性であるあなたに少し言って往きたい。

  あなたの幸を希う以外に何物もない。
  徒に過去の小義に拘るなかれ。あなたは過去に生きるのではない。
  勇気をもって過去を忘れ、将来に新活面を見出すこと。
  あなたは今後の一時々々の現実の中に生きるのだ。

  穴沢は現実の世界にはもう存在しない。
極めて抽象的に流れたかも知れぬが、将来生起する具体的な場面々々に活かしてくれる様、
自分勝手な一方的な言葉ではないつもりである。
純客観的な立場に立って言うのである。

 当地は既に桜も散り果てた。大好きな嫩葉の候が此処へは直に訪れることだろう。
 今更何を言うかと自分でも考えるが、ちょっぴり欲を言って見たい。

 1、読みたい本
  「万葉」「句集」「道程」「一点鐘」「故郷」

 2、観たい画
  ラファエル「聖母子像」、芳崖「悲母観音」

3、智恵子
会いたい、話したい、無性に。

・・・今後は明るく朗らかに。
自分も負けずに朗らかに笑って往く。

昭和二十年四月十二日

智恵子様
                      利 夫


2015032211030000.jpg
松尾流の待合の花、洋物が5・6種入っていたが花名は分らない
流祖・松尾宗二(物斎)は千宗旦の門人、表千家から名古屋に派遣された

2015032212520000.jpg
庸軒(ようけん)流の床の花、レンギョウと椿「壷中の夢」のニ種
流祖・藤村庸軒は千宗旦に茶を学び、表千家とも縁が深いが、血筋は絶えている

2015032211590000.jpg
武者小路千家(官休庵)の床の花、椿「朴半・ぼくはん」一種
流祖は千宗旦の次男・宗守、養子に出て塗師となったが千家に復帰
花入(瓢箪・ひさご)は先々代の家元のもので、席主から聞かされた一興
「生りひさご 酒をば花に 入れ替えて 参れや参れ お茶の一服」

この二十一(土)・二十二(日)は大阪美術倶楽部でチャリティー茶会があった
表千家・裏千家・武者小路千家・薮内流・宗徧流・松尾流・庸軒流の抹茶席
そして松風清社・一茶庵の煎茶席も参加したものである
塾生の皆さんにはメジャーである表と裏さんを見て、後は好きにどうぞと云う
私自身は女房殿と上の写真の三席、松尾流・庸軒流・官休庵の席に入った

官休庵の席主は、当流が茶家の仕組みを取り入れる時にお世話になった御仁
心ばかりの「水屋見舞い」を届け、四十年来の旧交を温めさせてもらった
もう齢八十二となられ、足が弱られたご様子であったが、気は矍鑠たるもの

袴姿で行ったためか、三席とも主客の場に坐ることになった
他流の見学では参考になることや反面教師に出来ることもあって勉強になる
塾生が多くのことを学び吸収してくれているであろうと、次の稽古が楽しみである

蛇足話
ある席主の方が「炭点前」のことを長々と述べられておられた
大阪の池田が炭の産地なので「池田炭」と云うのだと、少し誤解されていた節があった
実は、池田は炭の集散地であって、池田から出荷されたものが「池田炭」と呼ばれた
コーヒーの「モカ」や牛肉の「神戸牛」と同じく、出荷地が商品名称になったものである
産地は摂津、今の川西市・能勢・豊能辺りのクヌギの黒炭が菊炭として名が通った
席が終わった後に、そのことをコッソリ親切心で席主に耳打ちしたら、嫌な顔をされた
どうも、私は人に嫌われやすいタチであると再認識した
11images_20150321114218f24.jpg
>昭和20年4月12日、特別攻撃隊「第二十振武隊」隊員として一式戦闘機「隼」に乗って知覧を出撃する穴沢少尉へ、手に持った「さくら」を振る九州・知覧女学院の生徒たち<

昨日のブログ記事「卒業ソング」のことで次のコメントを頂いた

>森山直太郎の『さくら』は、戦地へ旅立つ特攻隊員を描いた曲ではないのですか?

卒業生の心情とは大きくかけ離れている内容の歌詞
例1 ♪ 刹那に散りゆく運命と知って ♪
例2 ♪ さくら さくら ただ舞い落ちる ♪
例3 ♪ いつか生まれ変わる瞬間を信じ ♪
例4 ♪ 永遠にさんざめく光を浴びて ♪

『さくら』

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
どんなに苦しい時も 君は笑っているか
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ
霞ゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる
さくら さくら 今咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉
移りゆく街はまるで 僕らを急かすように
さくら さくら ただ舞い落ちる

いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ
さくら さくら 今舞い上がれ
永遠にさんざめく光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう さくら舞い散る道の上で

以上の理由から、『卒業式の歌』であるとは思えない私・・ <


 https://www.youtube.com/watch?v=YfNAXY0BqsA1


2015.03.20 卒業ソング
2015030112150000.jpg
十日ほど前になるが、青文字の蕾が花開いたのを初めて見た

今晩はというより、もう四時過ぎであるが一睡も出来なかった
二時頃にテレビを付けると「卒業ソング」というものを放映していた
ああ、卒業式季節かと思いながら見ていると歌が様変わりしていた

私は高校の卒業式は病気で寝込んでいたため、式には出ていない
大学は中退したため、無論のこと大学の卒業式は知らない
従って、私の卒業式は中学と小学校だけの想い出である

今の卒業ソングなるものは殆どは知らないが、その時その時の流行があるようだ
昔は日本全国津々浦々「仰げば尊し」であったが、今では歌われなくなったとか
それをアンジェラが歌っていた、関西弁コテコテの毛色の違うオナゴはんだ
新しい卒業ソングとやらが駄目だとは思わない、時代時代の想い出の歌であろう

そんな歌の中に、「これから人生の階段を上っていく君たち・・」という歌詞があった
青春の中、人生の入り口に立つ若者たちの姿に、微笑ましくも懐かしくもある玄冬の身
人生の階段を上がり始める若者たちに声援を送り、支えてやりたい気がする

さくら・・・森山直太朗
http://www.uta-net.com/movie/17129/

仰げば尊し・手紙・・・アンジェラ・アキ
https://www.youtube.com/watch?v=hff4LY8asTM

卒業写真 -・・・荒井由実(松任谷由実)
https://www.youtube.com/watch?v=drP4GpMEtd8
2015030209320000.jpg
ヨモギの青葉が出て来た秋篠川の土手、野鳩がうろついていた
鳩山ではなく、鳩川であってホッとする、鳩山はホンマもんの宇宙人

腰痛に苦しみながらも、気になっている「マッサン」の場面と台詞
「自分は三級酒に癒された、酒に本物も偽物もない、本物とは何ですか」
そのことで成る程と思う言葉に出会った、ミサワホームの社長の言葉である

「バターは、うまいが高くて生産量にも限界がある。経済食糧事情の悪かった戦後日本では、多くの人たちが高価なバターをあきらめて低価格のマーガリンを購入しました。経済が成長し、バターを購入できる時代になったころ、動物性脂肪の摂りすぎが問題にされるようになりました。そして、品質や味の向上もあってマーガリンのほうが、健康面から優れているいるといわれるようになりました。ここに本物を超越した、工業製品の真の姿があります。」

確かに、納得する話である
然し、マーガリンでは美味しいクッキーや料理ソースは作れない
つまり、マーガリンはバターの代用品・偽物であることから別の本物になった
そのことをミサワホームの社長は云いたかったのであろうと思う

企業の診断や成長を論ずる時に、コア・コンピタンス(core competence)を見極める
コアとは中核、コンピタンスとは能力・優位力とかいう意味であろう
その企業が持つ本来のもの、他に比類出来ない特徴、本質的な能力・優位力
コア・コンピタンス、即ち本物を見極める場合の視点として挙げられるものとは
模倣可能性、移動可能性、代替可能性、希少性、耐久性の五点が云われる
コア・コンピタンスの模造を本気で追及すると、違う本物を生み出すことがある
恐らく、ミサワホームの社長が云わんとしたことは、この辺りの話であろう

一方、美術品や骨董品の世界では「本物を見ている回数」が識別眼の違いと云う
ますます「本物とは何や」と思いたくなるが、美術・骨董の真贋とはそうであろう
酒に偽物本物が無いのと同様、人間にも偽物本物は無い、と私は最近思っている
人間という云い方より、人生に偽物本物は無いと云う方が合っているかも知れない
人生には、その人間だけにした分らない本物の意味合いを含んでいると思われる
ただ、その人間が云っていること、行なっていることに偽物本物は、確かにある
2015.03.18 香を聞く
2015031807090000.jpg
隣家の塀に枝を広げる沈丁花、辺りに香りが漂う

沈丁花の香りで思い出した「マッサン」の続き話、「香を聞く」
NHKは「マッサン」のすぐ後に、「朝いち」という番組を放映している
有働という女子アナが司会役で出演者とのアレコレ話をする番組である
「マッサン」放映のすぐ後ということで、その日の「マッサン」のアレコレから始まる

今日はマッサンがウヰスキーの香りを聞く姿、つまり顔を傾ける姿が皆の話題となった
その仕草がカッコ良い云々となったが、何で顔を傾けるのだろうで出演者の話は終わった
その疑問に答えを出すこともなく、そのまま、次の話に移ってしまったのである
視聴率二十数%という番組なので、同じ思いを持たれた方も多くおられるであろう
そこで、知った気に薀蓄を一席

茶の湯には「香を聞く」という作法もあるので記すと
専用の聞香炉の灰に火を付けた小さな香炭団(こうたどん)を入れ周りを灰で被せる
次に灰の上から炭団に当たるとこまで火箸を差し入れ小穴を空ける
その小穴の上に銀養(ぎんよう)という雲母(うんも)の薄片を敷く
その銀葉の上に香木を載せ、聞香炉を左手に持ち、香炉の上から右手を被せる

そして、親指と人差し指の間を開き、鼻孔を近付けて香を聞く(嗅ぐ)のである
その時、指の透き間に鼻頭を突っ込んでは鼻孔は塞がることになる
従って、左右どちらかの鼻孔で香を聞くことになるが、両孔では微妙な香りは聞けない
我が流儀では男は左から、女は右から聞くとされている、雛人形の内裏飾りと同様だ
つまり、左が右より上位という男尊女卑のシキタリである

日本酒やワインの聞き分けでも、鼻の両孔を近付けている聞き(唎き)酒師は少ない
「朝いち」のスタジオに電話を入れようかと思ったが、腰が痛くて止めた(^^)
仕方なく、寝転がってパソコンを開いた次第・・
2015031807260000.jpg
去年貰って鉢植えしていたアジサイ、雨で若葉が拡がり出した

昨日・今日のNHK番組「マッサン」では樺太引揚者が出て来た
そして、マッサンの甥「さとる」もシベリア帰りとして登場して来た
実話では、去年の十二月十七日に亡くなれた竹鶴 威(たけつる たけし)氏
ニッカウヰスキーの元社長であり、同社の二代目マスターブレンダーである

その「さとる」が、マッサンの本物のウヰスキーという言葉に食って掛かった
「酒に本物も偽物もないでしょう、本物とは何ですか?}
マッサンは言葉に詰まった、そして云った「シベリアで何があったのだ」
「さとる」は仲間を裏切って帰国した、自分が辛く苦しい時に癒してくれたのは三級酒
皆を裏切らないと日本に帰られない、自分は大声で日本の悪口を云って帰国出来た
そうしなかった、つまり日本を裏切らなかった仲間は帰国出来なかったのだ、と

その時、私の脳裏に浮かんだのは小学校時代の吉野でのある日のこと
シベリア抑留から戻って来た人を歓迎する会が山の神社の境内で行なわれた
大人も子供も皆集まったところで、御本人は台に立ち、滔々と演説を一席ぶった
私は小学生だったので、意味や詳細は良く解らなかったが、日本の悪口だった
いわゆる「オルグ」であった、歓迎に集まった人々はアングリとしていた印象が残る

閑話休題、マッサンはウヰスキーとはスコットランド語で「命の水」の意味だと語る
そうかと調べてみると、ラテン語でaqua vitae(アクアビット・命の水)のことだとか
それがスコットランド(ゲール)語 uisce beatha(ウィシュケ・ベァハ・命の水)になり
「水」の部分uisce(ウィシュケ)が訛ったものということであった

またしても閑話休題、「さとる」の言葉
「酒に、本物も偽物もないでしょう、本物とは何ですか?}
これの「酒」を人間に置き換えると如何なものであろうか
今朝の「マッサン」の場面に少々考えさせられた三級酒人間の私であった
月曜稽古の後に腰痛が起こり、悶々とするキョウコノゴロ
2015031616340000.jpg
流儀の茶箱を使った点前、本来は鉄瓶だが、湯沸かしポットで代用

昨日は偶々(たまたま)ながら、茶箱の稽古時日になった
月曜稽古組の一人から、稽古日を一週間延ばしてほしいと話があった
そして、他の人には伝えておくというので、私は皆もそうかと理解した
婿殿が宗箇流の茶箱の特訓で月曜日に来たいと云うて来た
その茶箱は、娘夫婦の新築祝いと私が贈ったものである
つまりは、来客に向け自分が茶の披露をしたいという魂胆である、莞爾

昼過ぎに婿殿が作務衣姿で女房(私の娘)と娘(私の孫)二人を連れてやって来た
私の女房殿は孫娘到来でルンルン気分、娘のことで不機嫌だったのが勝手なもの
稽古を始めて暫らくすると、チャイムの音、他の月曜組の来訪であった
稽古延期を云った御仁の「皆には自分から云う」とは、自分の延期は皆に伝えるとの由
成る程である、人間(じんかん)の誤解・曲解・勘違いというものは斯うして起きるもの

我が家にある茶箱は千家流茶箱を中古で入手したもの故、婿殿は流儀の茶箱を持参した
丁度良いので、他の月曜組の塾生も皆で流儀の茶箱点前の稽古をすることになった
流儀の茶箱と千家流茶箱の大きな違いとは、建水(水こぼし)を入れるかどうかである
千家流茶箱は建水も入れ置くが、宗箇流では建水は入れない、よって一回り小ぶりなもの
勿体ないからと、いつまでも他流の中古ものとは、みみっちいかも・・
2015031511220000.jpg
二月堂の椿「糊こぼし」、挿し木して六年目という
卒塾者の方が、稽古日に合わせて持って来て下さったたもの

我が家でも、その卒塾者と同じく「糊こぼし」の苗木を貰って育てていた
去年のこと、我が家の「糊こぼし」に毛虫が付き葉っぱを全て食べ尽された
すっかり丸裸になっていたが、今年に入り若芽が出て来て木の命を確認した
卒塾者の方は、「別途挿し木をしていたものに花が付いたのでどうぞ」、とか
私は、枝を切って花入に挿そうとして挟みを持ったが、気が引け、手が止まった
床に鉢の花を置くことはあまりないが、ままよと菓子鉢に重ねて置いた

この日の稽古は「逆勝手」、右勝手とも云われる点前の稽古を予定していた
重ね鉢を眺め、これはと思い、「重ね茶碗」の逆勝手薄茶点前をすることにした
「重ね茶碗」では主手・添手、「逆勝手」では左右反対、其々の注意処がある
慣れれば味わいのある点前であるが、塾生方は「ややこしい・頭が混乱」とか云々

千家の表・官休庵さんでは向う切りに限り、裏さんは「大炉」で二月だけ限定とかで
千家さんは「逆勝手」は余りされないようだが、武家茶の流儀では結構多い
前にも記事にしたが、帛紗を左に付ける千家さんも「逆勝手」では帛紗を右に付ける
武家茶は帛紗が右で当り前だが、千家の方には当に「勝手」が違うところになる

「逆勝手」に対し「本勝手」という云い方があるが、元々は「右勝手」「左勝手」である
「本」に対しての「逆」とは、真っこと、「逆勝手」に対し無礼千万な物云いである
武家茶の織部流では扇子を左帯に差して点前をし、茶碗を出す時に扇子を広げ被せる
それを以って武家茶では左帯には刀(扇子)を差すので帛紗は右帯というが、やや疑問
「逆・右勝手」が主流であった名残りを右帛紗が踏襲しているのでは、と私は思うている

因みに、山上宗二記にはこうある

>珠光かヽりは、北向右かつて、坪の内に大なる柳一本在、後に松原広し、松風計聞く、引拙は南向右勝手、道陳は東向右勝手、宗達右勝手、何も道具に有子細歟、又台子をすくか、将又紹鴎之流は悉く左勝手北向也、但し宗易計は南向左勝手をすく、当時右かつてをは不用と也、珠光は四帖半、引拙は六帖敷也< とか
2015.03.15 北陸道
1images.jpg
北陸三県、新幹線の開通で沸き立っているとか

越後の国(新潟県)に続いて東京圏に取り込まれることになった
四大紙の北陸所管は朝日・毎日・産経が大阪本社、読売だけが東京本社
このことで気が付いたのは、四大紙の生まれ故地のこと
朝日・毎日・産経は大阪、読売は東京である、なるほどである
しかし、北陸は全紙が東京所管となる日が来るだろう
大和朝廷以来の鯖街道、「北陸道」の名称もやがて失せるかも知れない

下は先年の「人口移動先」の統計、今年から東京・関東が上位に来るだろう
北陸と名古屋の繋がりは意外に薄いようだ

居住地:福井県
順 旅行先 万人/年
1 石川県 358.2
2 京都府 257.6
3 滋賀県 160.6
4 大阪府 55.7
5 東京都 54.2
6 愛知県 50.6
7 富山県 49.7
8 兵庫県 29.4
9 岐阜県 24.5
10 三重県 8.5

居住地:石川県
順 旅行先 万人/年
1 富山県 573.4
2 福井県 383.6
3 岐阜県 93.4
4 東京都 75.8
5 大阪府 58.6
6 京都府 51.7
7 愛知県 51.0
8 滋賀県 33.4
9 長野県 25.9
10 新潟県 20.6

居住地:富山県
順 旅行先 万人/年
1 石川県 701.0
2 長野県 190.5
3 岐阜県 166.1
4 新潟県 98.3
5 東京都 87.5
6 大阪府 56.4
7 愛知県 49.9
8 京都府 47.3
9 福井県 42.7
10 神奈川県 15.5

居住地:新潟県
順 旅行先 万人/年
1 東京都 319.0
2 長野県 251.9
3 福島県 146.7
4 群馬県 119.0
5 富山県 79.5
6 埼玉県 78.3
7 千葉県 62.2
8 神奈川県 47.7
9 石川県 30.2
10 山形県 26.5

因みに、江戸期から明治まで日本の人口最多県は新潟県であった
10997612_866281296790209_4571889900368480259_n.jpg
面白い写真を見つけたので転載する
ついでながら、私も一文を付け加えたい
中国、米国、欧州の項の次に

露国から見れば「手乗りインコ」に見える

ところで十三日の金曜日の話の続きである
野田内閣の発足は平成二十四年一月十三日の金曜日であった
鳩菅と続いた、世に云う民主党の「最低の首相と最悪の首相」であったが
民主党の首相としては、私は野田 佳彦(よしひこ)首相を高く評価している

その一つは野田首相の解散の決断であることは言うまでもない
自らの党の没落が容易に想定される決断をできる人物は、昨今の政治家には見当たらない
そして次に、解散を明言した時の党首討論では自民党の安倍総裁を圧倒していたこと
その解散は、何となく野田はんの自己というか民主党否定の確信犯的なものを感じさせた
客観的に見れば、野田首相の功績は甚大で、日本の政治史に残るものであろう
十三日金曜日恐るべし、否、「後生畏るべし」の論語の一節そのものであろう

「子曰わく、後生(こうせい)畏(おそ)るべし。焉(いずく)んぞ来者(らいしゃ)の今に如(し)かざるを知らんや。四十五十にして聞こゆること無くんば、斯(そ)れ亦(また)畏るるに足らざるのみ。」
意訳は
「若者を侮ってはならない。彼らには君たちよりも優秀になる可能性があるからだ。しかし40歳や50歳になっても名声を得られないとするならば、彼らにはもはや見込みが無い。」

「来者」を他党に、「四十五十」を民主党と置き換えれば、野田はんの意図が読める
野田はんは若いながらも、それを決断した、選挙では完敗したが私は彼に乾杯を捧げる
今日も昼から乾杯をした・・
2015030911200000.jpg
枇杷(びわ)の新緑、原産地は支那大陸南東部
巷では桃栗三年柿八年枇杷は早くて十三年とか云われている

十三年とは収穫に長い年月が掛かるものである
十三と云えば、今日は十三日の金曜日、二月も十三日は金曜日だった
まま、念の為に調べてみると、こうあった
>13日の金曜日が3回くる当たり年は、2015年、2026年、2037年です。<

十三日の金曜日の確率は、年に十二回の十三日と七日に一回の金曜日
つまり、12÷7で約1・7回で、少なくとも年に一回はあるが、四回五回はない
よって、今年は十三日の金曜日の当たり年とか

ふと、気付いたが欧米のホテルや病院で十三階を使用しないとことが多い
日本でも四階・四号室を避ける病院があるのと同じ感覚なんであろう
故に、十三日の金曜日は欧米人の共通する迷信と思っていたが違った
どうも、イギリス・ドイツと北欧、そしてフランス一部の迷信だそうだ
スペイン語圏では「十三日の火曜日」、イタリアでは「一七日の金曜日」が不吉
そして、フランスでは十三日の金曜日は宝くじの当たる幸運日ともされているとか

欧米のエレベーターに十三階が無いのは、まま、それなりに分らないでもないが
二階が一階で、地上階は零階だとする彼方の概念には私は中々馴染めない
欧米出張で零階と一階の感覚違いで泣かされた御仁が多かろう思う、私もだが・・
確か、ロケットの発射の秒読みは、さん・に・いち・零、である
「零を」発見したインド人の数学感性は偉大なり、ところで「零」は整数やったかな

2015031109420000.jpg
近所の塀から枝垂れかかる紅梅
今日は奈良二月堂の大松明、いわば「お水取り」のクライマックスである
「お水取り」が終わると、畿内は春模様になるとされている

メルケル独首相が無事に帰国されたとか・・
まぁ、よくぞおぬかしあそばしておくれであった、あのオナゴはん
「ドイツは戦争を謝罪し過去と向き合ったが、日本はしていない。」
「ドイツは脱原発した。日本も原発をやめるべきだ。」

軍慰安婦の代わりに性奴隷という用語を使いながらも
軍慰安婦問題をきちんと解決しなければならないと述べた
このことを南ドイツ新聞は次の様に伝えたとか
「メルケル首相が演説会場として日本政府の圧力を受けている朝日新聞を選んだこと自体がすでに一つの暗黙的な信号」

つまり「従軍慰安婦」と云い替えられている「従軍売春婦」、それも「朝鮮人売春婦」のこと
そのことを解決しないと、ドイツの様に戦後処理が上手く出来ないという話である
「周辺国との和解の前提は反省」とか、そしてドイツはそれを行ったとか云々
更に原発をドイツは廃止したとのこと、日本もよく考えろとか云々

ドイツの電力はフランスの原子力発電から輸入していることを何と説明するのか
御自分のところでは否、でも他のところの原子力発電しているものは頂戴する
このメルケルはんの記者会見場所は「従軍慰安婦」の虚偽捏造元の朝日新聞社である
正直、私は「この女、アホちゃうか」という思いを持った

このドイツの女首相アンゲラ・メルケルはん、ポーランド系のドイツ人である
学生だった頃にウルリッヒ・メルケルはんと結婚するが、今の夫はヨアヒム・ザウアーはん
アンゲラはんご当人には子供無し、どういう訳か姓は旧旦那のものを使っておられる
英国のマーガレット・サッチャー元首相と比べられることがよくあるが、如何なものか
サッチャーは良妻賢母、訪問国で虚偽捏造話を以って相手国を貶める発言はしない賢人

ナチス・ドイツの戦争犯罪を裁いたニュルンベルク裁判と日本を裁いた極東・東京裁判の違い
ドイツで有罪となった十九人中十六人は一般住民への「人道に対する罪」で有罪とされた
東京裁判では誰一人もこの罪に問われなかった
そしてドイツは、戦争責任はナチスの所為、国家体制の所為にして戦後処理を済ませた
つまり、ドイツ国民の所為でないとした、それを周辺国も認めた、欧州人の大人の知恵である

日本は違った、国家も軍も日本であり、日本人であるとした
つまり日本国民は、国家や軍の所為なら、それは日本の所為、日本人の所為とした
日本が独立を回復した時、二十七年のサンフランシスコ平和条約発効直後の内閣通達
いわゆる戦犯の国内法上の解釈についての変更が通達された
戦犯拘禁中の死者はすべて「公務死」として、戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」とした
国会で左右全議員賛成の決議を以って、つまり日本国民の手で戦犯の名誉回復がなされた
当時の日本人として、左右の関係なく、それが当たり前の思いであり、共通感覚であった
日本は、誰かの所為、人の所為にして自分は無関係とはしない潔さ・矜持を示したのだ

メルケルはん、首相としての頭が悪いのか、人としての見識が低いのか、無知なのか
これでは支那に対するドイツの機嫌取り、阿諛り(おもねり)、追従とも取れる
即ち、彼女は日本をコケにしたということ、彼女の言に民主党の岡田・細野が同調とは・・
この二人は日本人・日本国民であろうか、無見識な朝日的人間はまだまだ居るようだ
2015.03.10 焼夷弾の雨
1450px-B-29_bombing.jpg
忘れじな 帝都の春の 夜半の空
夜間爆撃で焼夷弾を落とす米軍のB29爆撃機

七〇年前の今夜、米軍の東京への夜間無差別空襲で十万余の人が焼き殺された
その多くは女性や子供を含む非戦闘員であった
軍事目標以外の民間人の殺傷を目的とした無差別空爆はハーグ条約で禁止されていた

昭和三十九年に無差別爆撃を指揮したカーチス・ルメイに対し勲一等旭日章が叙勲される
勲一等の授与は天皇親授が通例だが、昭和天皇はルメイと面会することはなかった
ルメイは「もし、我々が負けていたら、私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。
幸い、私は勝者の方に属していた」、と語ったという
NHKの取材で戦争責任についての問いに対し、ルメイは勲章を示して見せた

>東京空襲犠牲者遺族会の星野弘会長(84)は9日、北十間川に視線をおとした
70年前、遺体を収容した場所である
 「あの川です。20歳ぐらいの母親の髪を、1歳ほどの女の子が両手でつかんで離さない。目を開け、まるで生きているようだった」と語る < ネットニュースより
私の脳裏に自分の娘と幼い孫娘の姿が重なり、辛い

明日は一万八千五百五十人の死者・行方不明者を出した東日本大震災の日
人災と天災の違いはあるが、死者のご冥福を祈りたい
10150308at46_t.jpg
新しいハチ公の銅像、抱き留めるのは東京帝国大学農学部・上野英三郎博士

今朝のニュースにハチ公が渋谷駅で待ち続けた主人・上野博士と再会する話があった
勿論、架空の話で、東大の中でハチ公の八〇回忌として再会の銅像の建立したとか
ニュースの記事には
>忠犬ハチ公の没後八〇年の八日、飼い主の上野英三郎博士が教授を務めていた東京大農学部(東京都文京区)でブロンズ像の除幕式が行われた。上野博士が駆け寄るハチ公に喜び、かばんを置いて抱き留める姿< とあった

そして、犬に関するもう一つのニュースがあった
>中国・新華社によると、マーク・リッパート駐韓米大使がソウル市内で刃物で切りつけられた事件で、韓国人の70代の男性が7日、大使を激励するためとして、犬肉とワカメのスープを持って大使が入院する病院を訪れたものの、病院側から丁重に断られていたことが分かった。韓国では、手術後の回復に効果があるとして犬肉を差し入れる習慣がある。
リッパート大使は、ソウル市内の邸宅近くで飼い犬の「グリグスビー」を散歩させるなど、愛犬家として知られている。<


2015.03.08 ハチ公命日
1150px-Akita_Stamp.jpg
昭和二十八年に発売された郵政省発行二円普通切手、図柄は「秋田犬」
平成十四年十月一日に発売中止、普通切手として今も有効である

去年三月三日、エゾユキウサギの図柄で二円普通切手が十一年半ぶり発売された
其れで以って、「秋田犬」の二円普通切手の寿命は途絶えたと云って良いだろう
形式的には未だ有効ではあるが、蒐集家の間で取引される「商品」となっている
云わば、三月三日は「秋田犬二円普通切手」の事実上の命日である
昭和二十八年当時の郵便代は封書は十円、葉書が五円であり、二円は有用であった

実は今日、三月八日はあの「忠犬ハチ公」の命日である
「ハチ」は大正十二年十一月一日に今の秋田県二井田村(現・大舘市)に生まれた
東京府豊多摩郡渋谷町(現:・渋谷区)に住んでいた東大教授・上野英三郎に貰われる
代金は三十円、当時の小学校教員の初任給は五十円位、三十円はそこそこ高いかも
ハチ来て一年半経った大正十四五月二十一日、主人・上野は脳溢血で倒れ、急死
ハチは、この後三日間は何も食べなかったという、そして毎日渋谷駅で主人を待った

以上は「忠犬ハチ公物語」として、日本だけでなく世界にも知られた話である
あのヘレンケラーも物語に感動し、来日した時に「ハチ公の銅像」に触れている
昭和十二年に秋田市からヘレンケラーに秋田犬が送られたが死亡、また一頭送ったとか
最初に送られた渡米一号の秋田犬の名は「神風号」、因果を感じるがヘレンの思いは如何に

先年、秋田県はロシアのプーチン大統領に「秋田犬」を送った、あのソ連のプーチンにである
不可侵条約破棄、満州での暴虐非道、樺太真岡郵便局の悲劇、千島略奪、シベリア抑留
日本とソ連(ロシア)は未だ平和条約の締結はなされていないのに、秋田県のこの仕儀や・・
しかも犬の名は「ゆめ」、秋田県庁のビヘイビアには問題が有るが、秋田犬には問題は無い

ところではあるが、渋谷駅のハチ公の銅像の除幕式にハチは臨席しているのだ
昭和九年四月二十一日、渋谷駅前に「忠犬ハチ公像」が設置され、盛大は除幕式が行われた
発起人の日本犬保存会の初代会長斉藤弘吉、上野婦人、ハチ自身と三百人もの著名人が参加した
前月に開催された「銅像建設基金募集の夕」には、約三千人がハチを見ようと集まったとか

生存中に自らの像が作成・設置されたハチであったが、除幕式の翌年、昭和十年三月八日の早朝
ハチは渋谷川に架かる稲荷橋付近路地の入口で死んでいた
この時、ハチ公像の周囲は花環で埋まり、大勢の人々が集まってハチの死を哀れんだという
実は今のハチ公の銅像は二代目である

戦時中の日本は金属不足に苦しみ、ハチ公の銅像を撤去・解体することとなった
昭和一九年十月一二日にハチ公像に日の丸のたすきがかけられ、出陣式が行われた
そのハチ公像が実際に溶解されたのは終戦の前日の昭和二十年八月十四日であった
溶解されたハチ公は機関車の部品となり、東海道線を走ることになった、とか

今日はハチ公の命日、忠犬を偲ぼう
2015030611540000.jpg
仏の座(ほとけのざ)が咲いた、おお犬ふぐりの青い小花が寄り添ってくれている

三月四日のブログに書いた同級生死去についての後日譚
恩師からの依頼ということで、中学時代の女級長が慰霊に参り線香を手向けてくれた
恩師からは皆で参ってやってほしいということであったが、それでは大袈裟になると思い
受けるご遺族も大変であろうということで、女級長が代表して一人で行くことになったのだ
後で思うと不覚であった、その女級長は故人と一緒の学級ではなく、恩師の勘違いである
ただ、敬愛する恩師の頼みというだけで、女級長は一人で故人宅に慰霊に行ってくれた

女級長から私の記事にコメントが入った、故人は胆のうガンで発見から半年だったとそうだ
奥さんは物静かな人で、故人を優しくて家族を大事にしてくれたと懐かしんでおられた由
私は後悔をした、私も同伴というより、女級長に替わって私が行かせてもらうべきだった
私は故人とは小学校三年間一緒だっただけでなく、中学の時も一緒になったことがある
それを、故人とは一緒になったこともない人に慰霊の足を運ばせたこと、慙愧に堪えない
親しくしていたこともなく、記憶が消えかかっていた故人のことが、私の脳裏に浮かんで来た

今朝の雨上がりの野辺に咲く「仏の座」の小花を眺め、申し訳がない気持ちが募った
遅れ馳せながら、遺影に線香の一本も手向けに行こう
2015.03.06 啓蟄、風の虫
t02200293_0240032011893903008.jpg
風の篆書体(てんしょたい)、風構えの中の字は竜で、「蟲」の虫ではない

今日は地中の虫が蠢き出すと云う啓蟄の日、その名に相応しい陽気であった
「啓蟄」を調べると、二十四節気の一つで太陰太陽暦の二月節 のことだとある
太陽の黄経が 345°に達した日 (太陽暦の三月初旬) に始り、春分 の前日までとか
「蟄」とは冬眠している様子を言い、「啓」とは動作や行動をするということらしい
巣ごもりの虫も顔を覗かせ始め、野菜についた虫が蝶になり始め、花も蕾を開き始める
野山では鳥の鳴く声があちこちで聞かれ始める気候ということだ

ところである、風翁の「風」が風構えに虫と書かれているが、この虫は昆虫の虫ではない
本来の字は「鳳」であって、天空の神である鳳凰の意味合いを持った字であった
その鳳凰が、雷神雨.神である竜神としても扱われ、風構えに「竜」を入れ「風」となる
竜が虫とは変な感じ(漢字を洒落たつもりだが、洒落の説明を要するようでは駄目やな)

漢字の語源辞典によると、「虫」とは大きな毒蛇(コブラ)が立ち上がって威嚇する様の象形
蜻蛉・蝶々や蟻・蜂の昆虫類の虫の字は、本字が「蟲」或いは皿に乗った「蠱」である
「虹」も天空に現れる竜神を見立てたので「虫」を画いたといことである
因みに「虫」の付く漢字を整理したものがある

「蟲」「蠱」は虱、蚤、蚕、蛹(さなぎ)、蛆、虻、蚊、蝿、蛍、 蝉、蛾、蝶、蜂、蟀(コウロギ)、蟻、蜻蛉、蟷螂(カマキリ),そして蝙蝠(コウモリ)も支那では昆虫とされていたようだ
毒蛇の「虫」は虹(にじ)、蛇(へび)、蝮(まむし)、蛙(かえる)、蟇(がま)、蝦(えび)、蟹(かに)蛸(たこ)、蛤(はまぐり)、蜆(しじみ)、蜷(にな)、蝸牛(かたつむり)、蛋(たまご)、蜜(みつ)、 蠟(ろう)、

他に虫にまつわるものは動詞として使われているのは
蝕 (むしばむ)、触(さわる)、蟄(かくれる、こもる)、蠢(うごめく)、蟠(わだかまる)がある
「風翁」という号を持った時から、この「風」の虫への誤解を解きたいと思っていた
再度云う、風の虫は「竜神」、我が家の裏に鎮座ましますのは「竜王神社」である
誤解されたままでは、腹の虫が治まらない(回虫かな)

まま、蛇足ながら、風の「ノ」がとれると、虱(しらみ)であるが、毛虱には泣かされた
私は高校時代に相撲部に在籍していた、まわし(褌・ふんどし)は洗わず干すだけ
大相撲は個人別であるが、高校の相撲部は皆で回し使い(洒落)、タムシと毛虱が蔓延
お陰で、春過ぎにはホンマに啓蟄、インキンタムシと毛虱が蠢(うごめく)洒落にならぬ・・
その痒みたるや凄惨である、ボリボリ掻くと、また褌に付く、悪循環である

已む無く皆でタムシの軟膏塗りと毛剃りに没頭していた、今にして思うが褌は洗いたい
今なら個人用の褌が一般化しているのであろうが、相撲部自体が消えかけているよ聞く
もう少し経てば、女子の増えた我が母校に相撲部があっ記憶も消え去るであろう
然し、あの股座の痒みたるや、私の記憶から消えてくれない、まま、青春の日々の想い出
2015.03.05 記憶の散華
2015021817480000.jpg
若狭の鯖、背身は食べた後である
店主曰く、殆どの人は背身から箸を付けるそうだ

先日、税理士事務所に行き、確定申告の書類作成を済ませた
その夕刻に、税理士と二人で知り合いの鮨屋に行くと「若狭の鯖」が出た
成る程に、奈良・東大寺は「修二会」の行に入っている、つまり「お水取り」

東大寺は幾たびか戦火にあったが、修二会だけは一度も絶えることなく
千三百年近く連綿と今日に至るまで引き継がれてきたという
もとは旧暦の二月一日から行われていたので、「修二会」と呼ばれるようになり
また二月堂の名もこのことに由来しているとか

その二月堂縁起にはこう書かれている(現代文訳)
「魚を採っていて二月堂への参集に遅れた若狭の国の遠敷明神が二月堂のほとりに清水を涌き出ださせ観音さまに奉ったという、「お水取り」の由来を伝えている。」

この魚が鯖であり、二月堂の閼伽井屋(若狭井)から北へ抜ける道が「鯖街道」
若狭の小浜に至る街道で、小浜と閼伽井屋の水は地下で繋がっているラシイ
よって「若狭井」と呼ばれている、因みに閼伽(あか)とは梵語で功徳水、つまり仏水

私の子供の頃、この若狭井と二月堂の間の法(のり)地に杉の大木があった
それは「良弁杉」と呼ばれて、大きな鷲が止まったと云われていた
鷲がヤヤ子を運んで来て、この大杉の枝に引っ掛けたとか、そのヤヤ子が後の良弁
良弁は東大寺の前身「金鐘寺」に住み、やがて東大寺の開山、初代東大寺別当となる
良弁は、自分を三十年もの間探し続けていてくれた両親に会えるというメデタイ話がオチ
「良弁杉」は昭和四十二年に落雷で倒れ、今はその跡に生えた「二代目」良弁杉である
私は、前記の一・三・一〇(いち・さん・じゅう)話のオチにと思うたが、また長くなった

因みに「金鐘寺」、今の「東大寺学園」は昔「青々中学」と云い、戦前は「金鐘中学」と云った
私の父親は「金鐘中学」出身だが、私は「青々中学」を落ちた(涙)
昨日の記事で、メール文の遣り取りを記した小学校の同級生、私と一緒に受験して彼は受かった
もう半世紀以上前の話、忘れられる権利を私は主張したい、一・三・一〇とは記憶の散華
2015030209210000.jpg
ヘレボルス(クリスマスローズ)の白花

一人の小学校の同級生の死去が伝えられた
それは故人の奥さんから恩師に宛てた喪中葉書で分ったこと
恩師は入院中のことであって、最近退院されてから話が出た
私は話を聞いても、すぐに故人の記憶や何かの想い出が出て来なかった
それでもと、先に五十五年ぶりの再会をした同級生にもメール連絡をした
故人と彼の家は近かったので、遊び仲間であったのではと思った故だ

私のメール文には故人のことをこう書いた
「何となく思い出したのは、ほっそりとした大人しい人間だったという記憶です」
そして来た彼からの返信にはこう書かれてあった
「連絡ありがとうございます。
それとなく覚えていますが、細くて小柄でいつも「はにかんでいた」様な印象があります。
家が近かったのですか。でも個人的な付き合いはなかったと思います。」

流通業の一つの法則的なものに、一・三・一〇「いち・さん・じゅう」というのがある
店舗数や売上高の規模が拡大する時の課題の変遷という話である
一店舗の時、三店舗の時、十店舗の時には越える課題が違うということである
それは百億円、三百億円、千億円という売上高の成長でも云える体験的法則
そのことが人生、人の想い出にも当てはまるように思えた

その人の想い出、その人を語ることの年月である
「去る者、日に日に疎し」という言葉もあるように、その人のことが何時まで語られるか
十年、三十年、百年という歳月みると、何となくその人が見えるような気がする
仏教で云う「回忌」とは、その辺りを汲んで故人を偲ぶ会としたものであろう
一周忌 、三回忌、七回忌、十三回忌 、十七回忌 、二十三回忌 、三十三回忌
そして、五十回忌 、百回忌とある、確かにその度毎にお布施が入用ではある
そこが葬式仏教の面目躍如ではあるが、「一・三・一〇」の法則と語呂が重なる

十年なら、何かの折に故人のことが人の口にも上がり、想い出も残るであろう
三十年なら、生きている家族の中では語られるであろうが、他に語る人は少なくなる
百年経っても、この世で語られる故人とは偉人と云うか特別な人であろうと思う
小学校の同級生であった故人とは、音沙汰がなくなって五十年以上の時間は過ぎた
よって、私の記憶の中に故人の印象は薄くなっていて、思い出すのに時間が要った
まして、メールの遣り取りにもあるように、故人は目立つ人間ではなかった

その彼が、妻女を娶り家庭を築き、妻女に恩師のことを伝えていたのだ
彼の人生の中で、私が生きていたのであろうかと、私には逆の思いが浮かんだ
私がこの世を去り、人の口からも去るのは十年あれば良しというもの
孫がいる限り、三十年後に何かの折に私の話が出るとしても、身内だけのこと
「人の死は、世の中からその人の記憶が消えた時」という言葉を以前に聞いた
この昨今、つい身に沁みる言葉である



2015.03.03 雛飾り
2015030211040000.jpg
昨日は娘宅で孫娘の雛祭り、旦那の御両親も前日から来られていた
娘が生まれた時に私の母親が呉れた雛人形、雪洞(ぼんぼり)が失せた
孫娘が触っているのは御所車の牛だが、その上にあるのは茶の台子飾り

雛人形の飾り付けを見ると、関東雛の飾り方で京雛のそれではなかった
つまり、内裏の男雛と女雛の坐り位置が左右逆ということ
左大臣が右大臣より上位にある通り、古来より日本では左が上位席とされる
よって、雛人形の内裏様の飾り方は男雛が左側坐り、向かって右坐りが正式
それが東京で左右逆になったのは、大正天皇の御代のこと
洋装礼服を召された際、西洋風習を真似られ、というか真似させられた

西洋では男が右側、つまり向かって左側に立つ風習となっているのだ
大正と云えば、宮内庁の職員も東京や地方育ちが多くなっている
京・大和の風習や伝統の重みが体感できない人間が分った風に判断したのか
それとも、大正天皇が外装には洋風の仕来りで臨まれたのか、どちらか知らない
それがどうした訳か、東京で雛人形の飾り付けまで洋風にしてしまったのである

東京一元化が進む中、本や写真で「東京飾り」が紹介され洋風飾りが一般化する
それを「江戸風雛飾り」とかの尾ヒレまでつくと、人はそうかなと思ってしまう
「関東雛」と「京雛」とは、人形の顔付きが武家顔と公家顔という違いの話
江戸時代どころか明治時代まで雛飾りは、曰く「京飾り」であった

今朝、「マッサン」までのNHKニュースを見て驚いた
地域話題として奈良・高取町の「大雛飾り」が紹介されたのだが、「東京飾り」
大和朝廷の故地・明日香の近隣でさえもと、何かしら物悲しくなった
何でも洋風にしてしまう東京人の尻軽さと、それに追随する世の風潮
やりきれない思いである

坐り方の次は立ち方、エスカレーターの話である
東京風の左立ちが主流になりつつあるが、奈良だけでも右立ちは守りたい
京都は既に左立ち、京都人の尻軽志向は常である

因みに、世界の主要都市ではエスカレーターの右立ちが主流である
左立ちは「田舎者」とされている


2015030112170000.jpg
クリスマスローズと紫陽花の新芽、卒塾者が方が持って来て下さった
昨日の稽古の床の花である、
花入は絵唐津の片口、口にヒビが入り酒器に使えないので花入に

以前、私は和物が黒百合とで、洋物がクリスマスローズと云うと思っていた
つまり同系の花だと思っていたのだが、全く違うのものである
黒百合(学名: Fritillaria camtschatcensis)はユリ科バイモ属の高山植物
北海道以北千島・樺太・カムチャッカ・アラスカの低地に分布するエゾクロユリ
日本の本州、北海道の高山に分布するミヤマクロユリと呼ばれる

クリスマスローズはヘレボルス(学名: Helleborus)、キンポウゲ科クリスマスローズ属
「クリスマスローズ」という呼称は、クリスマスのころに開花するヘレボルス・ニゲル
東ヨーロッパからバルカン半島からトルコ、シリアに自生している
日本に明治に薬草として輸入され、強心剤・下剤・堕胎薬などとして使われた、摂取すると
嘔吐、腹痛、下痢、けいれん、呼吸麻痺、めまい、精神錯乱、心拍数の低下、心停止が起きる
また、目や口・のどなどの粘膜がただれたり腫れあがったりする

この二つは植物科目も全く別物であり、開花時期も違っている
黒百合は六月頃で、クリスマスローズはその名の所縁である一二月末から三月初旬
クリスマスローズの通り名で、白・黄・緑・赤・青の花の多いが、実は僭称である
クリスマスローズの正式呼称は「ヘレボルス・ニゲル」ということ
「ニゲル」と云うのは「黒」と云う意味、つまり黒いヘレボルスといこと
ヘレボルス・ニゲルは早咲きでクリスマス頃に開花することからその名がつけられたとか
多くのヘレボルスルの花はもっと遅くて、一月過ぎから開花するということである