2016.07.30 土用の丑
2016072921430000.jpg
国産ウナギのかば焼きとロールケーキ風の菓子「うなろーる」。

昨日、スーパーの売り場のそこかしこに「7月30日は土用の丑」とあった。
確かの7月30日は土曜日、成るほどに「土曜」と「土用」が一緒になった。
土用の丑の日は夏に限らず四季其々にあり、偶には同じ季に二度もある。
土旺用事が省略された用語で、陰陽五行と四季の組み合わせから出来たとか。
木火土金水と春夏秋冬を組み合わせ余った「土」を各季の終わり振ったもの。
各季の18か19日ある土用の日の終わりが立春・立夏・立秋・立冬となる具合。
更に18か19日ある土用に十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」を貼り付けた。
そして出来たのは「土用の丑の日」ということ、まま、コジツケの世界である。
夏の土用は暑い、夏バテの時期、丑の日には「う」の字が付く食べ物が良いとかで、
うなぎ屋と図って、「土用の丑の日にはウナギ」とコジツケタのは平賀源内はんとか。
ここで私は思った、平賀源内、そこそこの悪知恵を働かす男はんかもと。
つまり、「う」なら梅干がある、梅干に茶漬けが夏を乗り切る食とは衆知である。
その梅干茶漬けからウナギかば焼きにする為に二者択一の悪知恵を働かした。
あの「梅干とウナギは食い合わせ」という嘘話をつくり世に吹聴させた、と私は読む。

そう云えば、あの近大が「ウナギ風ナマズ」をつくり出すと云う話が出た。
近大は思慮不足、ナマズは「な」であり「う」の食でない、つまり、ウナギの代用不可。
それとも近大、日本国民の知的レベルを低く見て「ナ」メタ所業を企んだのか。
ともかく、明日は朝茶事稽古、今晩から泊まり掛けで塾生が我が家に来る。
梅干も用意した、悪いが彼等で喰い合わせの是非の実験をしよう。
2016073006500000.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1009-81f2dc14