2016101519250000.jpg
昨夜は十五夜の満月、残念ながら栗名月の十三夜を見逃した。
一昨日、私がさつま芋を買うて帰ると女房殿がお向かいから栗を頂いたと云う。
あっと思い、暦を調べると今年は旧暦九月十三日が新暦の十月十三日になっていた。
旧暦八月十五日の満月は中秋の名月として人口に膾炙(かいしゃ)、世間に持て囃されている。
旧暦九月十三日の十三夜は秋冷の夜空に少し満ち足りぬ形の月、その風情を好む人も多い。
八月の十五夜の月は「芋名月」、九月の十三夜の月は「栗名月」と呼ばれているのは周知。

新暦十月十三日は「さつま芋の日」とか、埼玉・川越の「さつま芋友の会」が名付けた。
さつま芋を賞賛する言葉「栗(九里)より旨い十三里」で、十三日をさつま芋の日としたとか。
何とも他愛のないというか単純というか、まことに「ダサい玉」の人の発想というか・・。
まま、埼玉・川越の地が江戸から十三里であったという話もあるにはあるが・・。
昔、上方の焼き芋屋はさつま芋のことを「八里半」と呼んでいたという。
つまり、栗の旨さには及ばないが、さつま芋の旨さも「勝らず」とも劣らずというもの。
私には大袈裟な十三里の云い方が外人ぽく、謙虚な「八里半」の云い方が日本人ぽく聞こゆ。
最近とみに、満月の芋名月より秋冷・十三夜の栗名月の味わいの方に、私は心が引かれる。
今年は栗名月を見逃したことは痛恨の極み、そこで栗と芋を同じ蒸し器で同時に調理。

蒸し器の一段目で栗を煮て、二段目でさつま芋を蒸した。今日は孫が来る。
2016101604470000.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1059-6ba6d11b