2016.10.25 快復祈願
74961_20161025080258299.jpg
奈良坂の般若寺の秋桜花(コスモス)が満開、ここは日本最古の茶園があったところ。
すぐ隣に私が通った中学校がある。秋桜花の花言葉は「真心」。

一昨日に相次いで私に電話が入った。
岡山に住む女性茶友が稽古指導中に倒れ、意識不明のままだとの知らせである。
彼女は、私と相伝が同じで謂わば「同期の桜」、茶の考えも似ており気が合う茶友である。
先年、お弟子さん達を連れてバスで奈良の茶の名所や美術館を訪問、私が案内した。
この五月、私が「淋汗茶」の稽古中に倒れ意識不明で病院へ運び込まれたことがあった。
「淋汗の茶の湯」とは、風呂に入り飲食して茶を喫すというもの、私は少々酒が過ぎた。
その時の私のブログを見て、彼女から私への忠告めいたコメントが入ったことがある。
その彼女のコメントを掲載する。彼女は真心のある茶人。彼女の早期回復を願う。

>今日は雨模様。草取りはお休み。風翁ブログファンの社中の人の話を聞き、久しぶりに風翁説を拝読しています。掛物、箱書、千家の風が入って残念です。ただ古い箱書の折にはそれが書かれた時代、人に思いを寄せることができ感動することがあります。以前は置きませんでしたが、特別なものを置くようになり、この頃は沢山になりました。掛物、物故者のものを例外として僧籍、宗匠と申しますが、三玄院の席では私も違和感を感じました。縮景園とはお客様が違うのですから。男の茶の湯は楽しそうですね。林間(淋汗)の茶にはお気を付けください。ベルギーで茶会をしてきます。
投稿者 : 宗 ● <
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1065-820f2134