2016.12.30 賀状付き合い
2016121607440000.jpg
秋篠川で時々見掛けるアオサギである。連れ合いを亡くし今は一羽で暮らしている。
このアオサギには来年が酉(とり)年とは知る由もなかろうに、と思う今日この頃。

最近の私の心根は「明日出来ることは今日するな」である。
お蔭で、今になっても年賀状の宛名書きが出来ずにいる。
座卓の上に去年と今年の賀状、および住所一覧と筆が置きっぱなしである。
一昨日、仕事仲間である友人が私の削除したホームページの写真を届けてくれた。
私の一つ年下になるその友人が云う「賀状付き合い」という話に納得。
我々世代の最近の「流行」に家の物を処分して捨てる「断捨離」がある。
その流れとして、中元歳暮の贈答や年賀状を「虚礼」として止める風潮が出て来た。
確かに「今後の季節のご挨拶は遠慮申し上げます」云々の年賀状も目にする。
友人もそうしたいと思ったが、どうも踏み切れないものがあると云う。
それは、今では年賀状だけの付き合いになってしまっている人への思いであるとか。
今現在の交友関係者には、「これからは年賀状は止める」と云うのは造作ない話である。
しかし、何十年も年賀状がたった一つの繋がりになっている人たちへは「虚礼」と云い難い。
過去の想い出や交誼という自分史を捨てる気がして、止めることは出来ない賀状もある。
その友人の話に私は同意、今日こそ宛名書きに精を出そうと気を引き締めるところ・・。
元来の年賀状は正月二日の「書初め」に書き「松の内」に届けるものであったという。
郵便制度が出来てから、「元旦の消印」が年賀状の値打ちとする風潮が生まれたとか。
少々ピンボケした風潮であるので、私は元来の姿を求める、と自己弁護をする・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1118-e70c2bdb