2017012818270000.jpg
若草山に点火され(花火の大輪の下)、花火が打ち上げられている。
昨夕の6時過ぎ、晩酌を始めたらドンドコと音が聞こえるので外を見ると山焼き。
昔は、成人式と山焼き(大とんど)は1月15日と決まっていて分かり易かったもの。
それが最近は祝日がウロウロするので気にしなくなってしまった。

先の囲碁対局の日、大阪ガスで第二の定年を迎える従弟が社員を伴なって来た。
何でも、平成27年6月17日に「電気事業法等の一部を改正する等の法律」が成立。
公益事業たる電気事業、ガス事業及び熱供給事業に係る制度の抜本的な改革とか。
電気・ガスの供給事業と送配事業が分離されたという話である。
電線やガス管という送配事業と電力会社やガス会社の供給事業との分離である。
大阪ガスで作った電気や関西電力で作るガスも需要者に届くということらしい。
確かに、ガス会社が電気の電力会社がガスのテレビコマーシャルを目にする。

そんなこんなで、従弟が来て我が家の電気は大阪ガスから供給されることに。
従弟は部屋の臭いが気になると云って、社員に空気濃度の測定をさせた。
私はその日、囲碁対局のため炉で炭を熾して、釜の湯を沸かしていた。
社員は表情を変えて、「これはアカン」と測定器を従弟に見せた。
従弟は、「この炭は使用禁止や、この数字を見て」と云い、用紙を出した。
CO濃度の一覧で、一酸化炭素中毒の危険性を表示したものであった。
濃度0.02で軽度の頭痛、0.04で吐き気、0.08二時間で失神、0.16二時間で致死。
0.32なら三十分で致死とあるのに、この部屋は0.4を超えているとか云々。
社員は早速に窓の開放を始めた、真剣な表情である。
まま、この炭は同級生が焼いてくれたもの、捨てがたい。
私は「茶の稽古途中でホンワカする気分になるが、そうか・・」と茶を濁す。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1143-df845fe0