2017.02.27 散れば見苦し
2017020312310000.jpg
「急ぐとも 外にもらすな 玉の露 吉野の桜も 散ればみぐるし」

短歌の会が開かれる会場付近のうどん屋の厠にあった掛物。
今月初めの例会に参加した際、腹ごしらえに寄った処である。
この辺りは短歌好きの多いのかと妙に感心させられて撮ったもの。
次の例会は三日、規程の詠歌二首の提出期限が来た。
ままよ、今回はこれで許してもらおう。散ればみぐるし。

南京の 大嘘あばく アパホテル アッパレカッポレ 朝日が沈む
アルバムに 挟まりてあり ガリ刷りの  歌集に聞こゆ 若き師の声
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1161-971e6a5c