IMG_20170323_180635.jpg
街路樹の植え込みに添えられた雪柳が開花し出した。バラ科シモツケ属、日本原産。
別名・小米花(こごめばな)、雪柳の花言葉は「愛らしさ・殊勝・静かな思い」だとか。
昨日の国会テレビ放映で籠池証人の答弁を見ていて、雪柳の花言葉と真逆の思いをもった。
雪柳は日本原産だが自生種は絶滅が危惧されている。街路樹の雪柳は云わば「まがい者」。
やはりである。本物は希少な存在になっており、これらの花言葉は本物への言葉であろう。
西洋クモマソウが「奥日光からの贈り物・雲間草」として販売されていたことを既述した。
まがい者が肩を切って歩く世の中であるが、人里離れたところでヒッソリ生きる本物も居る。
今回の証人喚問を政争の具にする連中もまがい者、国政を何と心得えるのかと情けなくなる。
まま、日本の国政という感覚を持たずに議員をしている「まがいもの日本人」も散見される。
そんなこんなの思いを持ったテレビ放映であった。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1175-bcb45c0c