2017.04.20 囲碁と稲荷
IMG_20170418_104101.jpg
四・五日前まで小さな蕾だった霧島躑躅(キリシマツツジ)も花が開いた。
根元の小枝と蕾がが煩わしい、切るべきであった。

昨日は高校の同級生との月例囲碁対局の巴戦であった。
三人それぞれが一勝一敗、まま、平和に収まりが付いた。
米国副大統領ペンスはん曰く、「平和は力によってもたらされる」、納得。
実はこの日、もう一人の同級生が来る日でもあったが、すれ違いになった。
小中同級生の彼は私の高校の同級生とも顔なじみで、囲碁観戦に加わることがある。
以前にも記事にしたが、彼の家は村の稲荷神社の前にあり、隣家が茶屋であった。
毎月19日は村人が神社に参ってから、茶屋に寄るというのが習わしであった。
その茶屋では皆に稲荷寿しを出していたという話を私も伝え聞いている。
茶屋の人が亡くなった後、彼が敷地を買い取り家を建てた。
彼の兄は茶屋の屋号を引き継いで表通りで父親からの家業店舗を出した。
今は神社参りをする人も途絶え、茶屋のことを知る人は殆ど居なくなった。
しかし、彼の家では毎月19日に稲荷寿しを作り、それを親戚兄弟に配っている。
それを知る幼なじみの私の家にも、おすそ分けとして持って来てくれるのである。
彼は次男だが、子供が無かった伯父夫婦の位牌と仏壇を家に引き取って祀っている。
風習や伝統というものとは何なのか、彼の生き様やり様で教えられる気がしている。
今日の朝餉は彼の稲荷寿し。女房殿は大好物とか。

IMG_20170419_182135.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1200-3190a80b