2017.05.10 括れ
IMG_20170509_112138.jpg
コタツから出て横になる愛犬「ハナ」、柴犬特有の腰の括れ(クビレ)がない。

西野バレー団の踊り子たちは今以って好い体形を保っているようだ。
女房殿と似た年齢の由美かおる、デビュー当時の括れ86-58-86のままとか。
由美はんの還暦恋愛が破局と昨日の報道、お相手は古希の数学者という。
時代劇の水戸黄門で湯ぶねに浸かるシーンがあり、番組の売りにされていた。
括れの類似語は、凹み(ヘコミ)歪み(ユガミ)の言葉であろう。

何の話と云うと、韓国の大統領選が終わったことへのコジツケである。
朝鮮人の好物は犬食であり、特に赤犬が重宝されると聞く。
赤犬で腰の括れがない丸々とした「ハナ」が彼の地に居たなら今頃は・・
優勝した力士が大鯛を掲げるように、文はんに「ハナ」がぶら下げられていたかも。
まま、冗談はさておくが、三人の候補者は何れも「反日」を標榜していた。
朴大統領は日本に、「加害者と被害者という立場は千年過ぎても変わらない」と云った。
候補者三人は、その朴すらも「親日的」と非難して集票の上乗せ図った。
国家間で合意・締結した条約や約束事を平気で反古にし、「反日無罪」を叫ぶ国。
朝鮮人が持つ対日本への「括れ・凹み・歪み」の民族感情、もう致し方なし。
彼らの云う歴史では900余回の外寇を受け、その9割が日本からのものであったと云う。
日本から侵攻を受けまくったが、朝鮮から日本へ侵攻したことは無いとか。
つまり、日本にやられ放しであることが心の凹み歪み括れになっている。
このことは、朝鮮人の民族性である「恨」、恨みつらみの心情にこびり付く。
彼らの「反日感情」をなくす唯一の措置とは、一度でも日本に戦争で勝ち征服すること。
然しながら、そんなことは千年経っても無理であろう。
となると、千年先まで日本は朝鮮のことを放っておくしかないということになる。
括れなきハナよ、日本の柴犬で良かったな・・。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1213-01b11105