2017.05.15 日本酒薀蓄
IMG_20170514_183545.jpg
右から山口の月下美人、島根の櫻尾、滋賀のにごり酒初櫻、奈良の風の森と篠峯。
手前は、元塾生の作品である赤膚焼の花器を酒器に使ったもの。

昨日、元塾生がリングドクターを頼まれ近くまで来たとの由で、にごり酒を持って来てくれた。
丁度、東京の知人から島根の限定酒なるものが送られて来たところであった。
その両方の一升瓶二本を持って卒塾者の店・そば処「かえる庵」へ向かう。
日本酒の造詣が深いというか、蘊蓄をノタマウ元塾生たちも日本酒を持ち寄っての酒宴となる。
あれこれ酒飲みの話題が飛ぶ中で、初めて知ったことがあった。
「日本酒」と表示できるのは日本国内で生産された米を原料にして製造されたものに限定とか。
私が外米のインディカ米を使った日本酒は飲んだことがないと云うたのが発端であった。
米国カルホルニア産のジャポニカ米で作った日本酒を呑んだことがあると云うと、
即座に、それは清酒と云っても日本酒とは云えないとか云々カンヌン。
それと、日本酒の表示年度は7月から6月を1年として表示されているとか云々。
「製造年月日」と別に、醸造した年度を記載するからとかウンダラカンダラ。
徴税するため、製造日でなく出荷する瓶詰日の印字を義務づけたと云う話。
今日は我が女房殿とかえる庵の奥方が郡山で開かれる歌謡コンサートに出掛けるとか。
私は今日も「かえる庵」へ行き、残り酒の処分を致しながら女房殿の帰りを待つ所存。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1216-499b4cbe