2017.05.17 睡眠する蓮
IMG_20170516_152008.jpg
卒塾者宅の勧修寺睡蓮が今年も咲いた。
何年か前に京都山科の勧修寺で「よかったら持って帰り」と云われてもらったとのこと。
睡蓮と云えば、フランスの印象派画家クロード・モネの絵が有名である。
モネ宅には日本の浮世絵が飾ってあり、日本庭園を模した庭造りがされていたとか。
睡蓮の英名がウォーターリリー、由って私は睡蓮を「水蓮」と書くものだと思っていた。
午前に咲いて、夜に萎む花 から、睡眠する蓮 で「 睡蓮 」 というとは最近知ったこと。
日本の原生種の睡蓮は「ヒツジ草」と呼ばれてるが、羊が喰う訳でも似てる訳でもない。
「未の刻 」(午前十時頃)に咲くことから、「 未草 」(ヒツジグサ) と呼ぶのだとか。
無知は恐ろしい。私は長いこと「水蓮」と書き、羊の餌にする水草と思っていたのだ・・。
因みに、レンコンは根が繋がっているので蓮根、いわゆる「蓮・ハス」である。
蓮・ハスの花と睡蓮は違うものだとかウンダラカンダラのたまう人も御座候。
更に因みに、私は昔から蓮根の穴は何の意味があるのか不思議に思っている。
まま、レンコン、煮物も天ぷらも好いが金平が美味い。焼酎に合う。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1218-658bdb66