2017.05.22 石蕗に訊き度
IMG_20170521_064524.jpg
卒塾者宅の水道栓に自生する石蕗(つわぶき)、切り取らないでおくところがお人柄。
石蕗は日本列島と台湾だけに自生する植物、云わば日本原産の固有種。

19日のニュース、「沖縄・石垣島で国内最古の人骨、2万7千年前、墓域も初確認」
私はその165㌢という高身長と遺伝子に興味を持った。
縄文人の身長は男で158㌢程度、対して島根県で出た弥生人の身長は男が163㌢。
我々の世代の平均身長は166㌢で、帝国陸軍兵士は162㌢、幕末の男は158㌢。
ミトコンドリア(mt)遺伝子はM7a型、この遺伝子はN9b型と共に日本固有の遺伝子。
mt遺伝子は母系伝達であり、その経路が民族(人種)の歴史を示す。
男系伝達はY染色体遺伝子だが、そのことは報じられてはいない。

石垣島は日本最南端の八重山諸島にあり、台湾とは近距離。
ところがである、八重山諸島と台湾との海峡で人の遺伝子的には大きな断絶がある。
世界最広域に分布するオーストロネシア語族は台湾原住民の高砂族が源である。
因みに、台湾原住民・高砂族は先住民と呼ばれることを拒否する。
先住民とは死に絶えた民を意味し、台湾では差別用語とされている。

台湾からフィリピン、インドネシア、マレー半島、インド洋を越えてマダガスカル島へ、
さらには、東の太平洋のポリネシア諸島にも拡散し、筋骨屈強人種をつくった。
この民族移動、何千キロにわたる航海術の会得があって初めて為し得るもの。
にも拘わらす、至近距離にある台湾と八重山諸島とは遺伝子の断絶があるのは何故か。
日本列島人の成り立ちとは・・・、興味が尽きない。
日本列島と台湾にだけ自生する「石蕗」、訳を知るなら訊ねたい。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1221-b94e3b73