2017.06.18 洋ナシの梨園
240px-Pears.jpg
瓢箪の様な洋ナシ、7割はラ・フランスと呼ばれている種類だとか。

梨園という芸人社会があるそうな。歌舞伎の家柄がどうじゃこうじゃという輩である。
前に中村七之助や市川海老蔵とやらいう、若いアホ役者が警察沙汰になった。
歌舞伎役者の家がやんごとなき名門の血筋、貴種とかと大きな勘違いしておる連中。
歌舞伎芸人の出自は河原者(かわらもの)、曰く非人という賤民集団がその祖。
彼らの生業は屠畜や皮革加工で、河原の周辺に居住していたため河原者と呼ばれた。
屠畜や皮革加工には大量の水が必要だからだというのが通説である。
河原者は河原乞食とも云われ、芸能、行商などにも従事していた。
私は屠畜や皮革加工の職に偏見を持つ者ではない。
出自に引け目を持つ集団が、歪んだ身分意識で己を高ぶる根性が好かんだけ。

こういうことを云うと必ずヘイトが云々と喧し昨今であるが、そんなことは捨て置く。
今日の話は緋牡丹お竜、藤純子(ふじじゅんこ)の娘のことである。
藤純子、本名は富司 純子(ふじ すみこ)は和歌山県御坊市出身。
梨園に嫁ぎ、歌舞伎役者の夫の姓で寺島 純子(てらしま じゅんこ)を名乗る。
平成19年に紫綬褒章受章。平成28年春の叙勲で旭日小綬章を受章。大女優だ。
思うに、同じ歳に吉永小百合・松原智恵子がいる。彼女たち、未だにええ女だ。
それが、お竜の娘の寺島しのぶがフランス人と一緒になったと聞いた。
その紅毛人との子・男児を歌舞伎の家、つまり梨園の後継ぎにしたとのこと。
河原者と皇室を同列で云々するなんぞ以ての外、とは重々承知ながら杞憂がある。
ミーハー女や能天気男が、この話を以て女系天皇の容認を声高に云い募ることだ。
梨園が洋ナシになろうとも、万世一系の皇統に女系はあり得ない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1235-e7fc5148