今朝、愛犬「ハナ」の散歩途中で小学生たちが楽しそうに歩いて来るに会った。
なんでもラヂオ体操の帰りだとか、そうか、夏休みに入ったのかと何か嬉しくなる。
夏休みと云えば自由研究や昆虫採集が思い浮かぶ。虫の生態に目が行く季節だ。

IMG_20170724_062905.jpg
二階の窓にアブラ蝉。先日脱皮で苦労していたのを木陰に移してやった蝉かも。
きっと礼を云いに来たのだろうと勝手に推測する。

IMG_20170723_102855.jpg
玄関の階段でカマキリが鎌を構えて静かに揺れていた。
鎌切とか蟷螂(とうろう)とも書く、鎌を持ったキリギリスから来た名とか。

IMG_20170722_134103.jpg
駐車場のコンクリ壁にヤモリがゴソゴソしていた。
ヤモリは「家守」、家の虫を駆除して家を守ってくれる爬虫類でトカゲや蛇の仲間とか。
よく似たイモリは「井守」、井戸の守りをする両生類でカエルの仲間とか。
私が吉野にいた小学生の頃、竹藪の小川で黒いオタマジャクシを見つけ家で飼ってみた。
そのうちに手が出て来た。他のオタマは尻尾の横から足が出るのにと怪訝に思った。
やがて、足も出て来たのだが尻尾は長いままで腹も赤いままであった。
父親が「これはイモリや、噛まれるで」。私は小川まで戻しに行った想い出がある。
因みに、このアカハライモリ、日本の固有種で今は準絶滅危惧種に指定されているとか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1257-a06bd97c