2017.08.12 今はもう秋♪
IMG_20170812_072656.jpg
朝顔と風船(ふうせんかずら)。以前掲載したご近所の玄関先の涼感つる草障子の今。

私の夏の朝は行水(水シャワー)から始まる。
今朝も散歩前に水を浴びようとしてシャワーを捻ると水が冷たく感じ、アレッと思った。
そう云えばこの7日が「立秋」であったと気付いたのだった。季節はもう秋。
それから散歩に出かけて見たのが写真の朝顔。立派に花を付けていた。
夏の花と思われている朝顔が俳句の世界では「秋の季語」とされているのを実感した。
朝顔の原産地はヒマラヤ山麓の熱帯アジアだとか云われている。
朝顔は奈良時代末期か平安初期に遣唐使が薬草として持ち帰ったという。
種子は「牽牛子」(けんごし)と呼ばれる生薬として、日本薬局方にも収録されている。
唐では、牛を牽いて行き交換の謝礼したことが名前の由来らしい。
となると、少々疑問が生まれて来る。万葉集である。

万葉集は持統天皇や柿本人麻呂が編纂を始め最終は大伴家持の編纂と云われている。
つまり、万葉集は朝顔が日本に渡来する前に編纂された歌集である。
ところが、万葉集には朝顔(あさがほ)も詠われているのである(五首)。
1538: 萩の花尾花葛花なでしこの花をみなへしまた藤袴朝顔の花
2104: 朝顔は朝露負ひて咲くといへど夕影にこそ咲きまさりけり
2274: 臥いまろび恋ひは死ぬともいちしろく色には出でじ朝顔の花
2275: 言に出でて云はばゆゆしみ朝顔の穂には咲き出ぬ恋もするかも
3502: 我が目妻人は放くれど朝顔のとしさへこごと我は離るがへ

万葉集に詠われている「朝顔」とは何の花か?諸説あり結論は出ていないとか。
槿(むくげ)の花か桔梗(ききょう)の花というのが有力とされる。
まま、もう秋。朝の行水が冷たく感じ、秋の花・朝顔に心が動いた次第。
ところで、トワ・エ・モワ という夫婦歌手の歌 「今はもう秋」
我々の若い頃のヒット曲、私も時折口ずさんだもの。ええ曲やった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1270-e9e2b83f