FC2ブログ
IMG_20180120_115625.jpg
近所のスーパーマーケットの鮮魚売り場、ウナギの売り出しである。
分かっているなと思った私は、鮮魚売り場の担当者に話し掛けた。
「どうや冬の土用丑の日もウナギは売れるか?POPに土用の丑と書いた方がエエで」
その鮮魚売り場の担当者、「え、何です?土用の丑?それは夏でしょう」
私、「そう思ってる人が多いけど、土曜丑の日は春夏秋冬ある、今日は冬の土曜丑の日や」
さらに私、「せやから、鮮魚部でウナギの売り出し企画をしたんやろう、ちゃうのか?}
担当者「そんな話は知りませんでした、売り場主任に聞いて来ます」。
私、「別にええねん、POPに書いてへんから変やな思うだけや、まま気にしな」
と云って、支那ウナギでないことを確認して一パック買うてそこを去る。
他の売り場を廻っていると先程の鮮魚担当者が来て曰く「主任も知らないとか」。
私、「そうか、たまたまウナギの売り出し日と冬の土用の丑の日が一致しただけやな」
家の帰って、気になったので調べてみた。
>季節の終わりから次の季節が始まるまでの期間が土用の期間で、今年の冬の土用は1月17日~2月3日、冬の土用は寒の土用(かんのどよう)、冬土用とも言われ、丑の日は「寒の土用の丑の日」とも言われています。今年の 冬の土用の丑の日は1月21日、2月2日、諏訪湖や浜名湖の辺りではウナギ祭りが盛大に開催される。< やはりである。
私は、テッキリ奈良のスーパーでもと思ったがどうやら思い込みが過ぎたようだった。
一昨日、女房殿が再入院となったので一人ぼっちのウナギ飯、否、「ハナ」が居た。
ウナギは普通の魚と違い、頭部分より尾っぽ部分が格上とされている。
そこで考えた私は、頭(半助)と尻尾の先っポを「ハナ」の飯にのせて与えた。
ところで、今日は掛かり付けの開業医のところでキャビィ検査とやらを受けた。
云うには、血管年齢と動脈詰まり程度の検査とかである。
結果は血管年齢70代後半、詰まり程度は正常範囲内の境界領域とか。
医者は「長い糖尿歴を持つか方では仕方ない数字ですね」とオヌカシ。
私が「70代後半とは大たい何歳のことや」と訊くと、その医者曰く、
「70・・5・6・7・8、まあ80前ということでしょう」
私は「あのな・・・」と云い掛けてやめたのであった。
ウナギをつまみ湯割り焼酎を飲みながら、ぽつねんと今日を振り返る。
「ハナ」は私のひざ元に来てうずくまる。私は「ハナ」の頭を撫でる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1383-a928bef8