2018.01.22 食品売り場
私は元の職業柄、スーパーマーケットでの買い物は好きである。
売り場と商品を見たり、売り場担当者との会話も楽しい。
昨日も売り場を漫歩して見た商品の薀蓄を云々。

IMG_20180120_120707.jpg
三重県の井村屋の商品、肉まん・カレーまん・ピザまん。(あんまんもあった)
肉まんの原料記入を見ると豚肉とあった。本来なら「豚まん」である。
近畿では肉と云えば牛肉であるが、関東では豚であってスキ焼も豚肉であった。
井村屋も三重であったが全国展開してからは豚まんを肉まんと称するようになった。
「肉まん」の呼称を全国化したのが井村屋であるが、豚を牛という詐称犯でもある。

IMG_20180120_120137.jpg
「マロニー」はマロニー株式会社の社名そのものである。
創業者がシベリヤ抑留時代の働いていた工場に居たロシア娘も名が「マロン」。
ジャガイモの澱粉で作った春雨や葛切り風の商品の「まろやかさ」と重なったとか。
創業の地が大坂であるが、関東進出して売り出す時に中村珠緒がコマーシャル出演。
その時の彼女のアドリブが「マロニーちゃん」。コマーシャルはヒットした。
以後、近畿地区は「マロニー」、関東地区は「マロニーちゃん」と商品名を使い分けしている。
まま、中身は同じものではある。

IMG_20180120_120336.jpg
昔は上方は「丸餅」で関東は「切り餅」が相場、私も東京で「切り餅」を初めて知ったもの。
しかし最近は、近畿の売り場でも切り餅が多くなって来て、丸餅文化はヘタリ気味。
関東では切り餅は焼いてから「すまし汁」つまり醤油汁の吸い物に入れて食すもの。
丸餅は煮て味噌汁で食すか、きな粉で食すものであるが近畿の食文化は崩れつつあるようだ。
さて、寿司売り場では稲荷寿司は皆んな関東風の四角稲荷で上方風の三角稲荷はなかった。
おにぎり売り場も今は関東風の「三角結び」ばかり、上方風の「俵むすび」はなかった。
まま、風吹くままに時は流れるものかと、少々哀愁を感じた売り場漫歩であった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1384-9d61c54f