IMG_20180207_160810.jpg
先日の売り出しには「辛子明太子とたらこ」とあった。
実は、「明太子」と「たらこ」は同じものであり、呼称の方言差である。
明太子とはたらこのことをいう北九州から山口地方の呼称であった。
スケトウタラは朝鮮で獲れ、朝鮮語で明太(ミョンタイ)なので明太の子と呼んだ。
また、たらことは真鱈の卵巣・真子のことで、江戸初期の茶の湯献立に記載がある。
明治期には北海道から朝鮮までの日本海沿岸でスケソウダラが多く獲れた。
スケトウダラの漢字は 佐渡鱈、介党鱈、助宗鱈が当てられるが其々に意味がある。
佐渡で獲れたので佐(すけ)渡(と)、漁に人手がかかるので助っ人鱈(スケットタラ)。
戦時中のNHK放送でスケトウダラをスケソウダラと誤報してから「助宗鱈」。
よって卵巣はスケトウダラの子で「助子・スケコ」、それが東日本の通り名となる。
助子を塩蔵すると赤くなるので北陸なんかでは「紅葉子・モミジ子」とも呼ぶらしい。
昭和に入って真鱈の不漁が続いた時期から助子が「鱈の子」として流通。
鱈の子が「たらこ」と呼ばれ出したのは昭和40年代からのことで意外と最近の話。
新幹線が開通して博多土産の「辛子明太子」すなわち「辛子漬け助子」が流通。
やがて、助子と鱈子と明太子の呼称区分が曖昧になって今に至った。
因みに、関西の御節料理の定番「鯛の子煮付け」は生助子の煮付けで僭称。
おそらく、昔は真鱈の子・真子であったように私は思っている。
私は特売の「辛子明太子・たらこ」を買わなかった。理由は塩分とコルステロール。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1400-33383778