FC2ブログ
2018.02.19 訃報を聞く
ma469y23.gif
切なくやるせない訃報を聞かされた。
故人は東京の大手卸売企業から関係小売企業に出向してシステム改善をこなしていた。
出向当初は小売業を勉強するために朝4時から市場に出勤して仕入を手伝っていた。
私もその卸売企業から頼まれて、埼玉にある当該小売企業の経営再建を手伝っていた。
実直に黙々と仕事に取り組む故人に対し、私は云ったものである。
「あのな、クソ真面目な人間がつくるシステムは使いづらいモンになるさかい、気つけや」。
故人は私の話をクソ真面目に聞くので、私は二の句が出なかった。
20年位前に一応の再建の目途もつき私はその仕事から離れ、故人も親会社に戻った。
10年位前に故人がひょっこり我が家を訪ねて来て、「妻が亡くなったので来た」と云う。
故人の奥さんの実家は奈良で、我が家から車で10分ぐらいのところだと初めて知った。
以後、故人は亡き妻の実家を訪れる度に我が家にも顔を出してくれるようになった。
昨春に来た故人は、「定年前だが会社を辞めることにしました」と云って私と碁を打った。
栃木の実家に一人で居る母君が老化で弱っており介護が必要ということであった。
故人は東京のマンションに子供と住んでいるので、行ったり来たりするとも云っていた。
「母君を東京に引き取ったら」と云うと、故人曰く「母は実家から動きたくないと云うので」。
そんな故人の訃報を昨日聞いた。昨年7月にガンが見つかったとの話だった。
妻の実家に来る時には寄りますので再た打ちましょう、と云ったのが最後の言葉となった。
母君はどうされたか思うと、何とも切なくやるせない訃報である。

蛇足ながら、シンガポール陥落で乾杯したアイルランド人(ケルト人)のビールのこと。
アイルランド人はクラフトビールにアイリッシュウィスキー入れるとか。
或いはアイリッシュウィスキーをクラフトビールで割るらしいとか教えてくれた人がいる。
私も焼酎のビール割りを好むので、再度ケルト人に親近感を覚えた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1404-23571c94