FC2ブログ
7c77847cdc7f15a5abb73c9ac4dfab17.jpg<
昭和の初め頃に撮影された「秋田マタギ犬」。今の秋田犬の原種である。
日本犬の体型体質は縄文期からほとんど変わらず、犬そのものの原型を色濃く残す。

オリンピックのフィギュアスケート・女子シングルで金メダルのアリーナ・ザギトワ選手。
彼女が褒美に秋田犬を親に所望、その話に秋田犬保存会が適宜反応して贈呈するとか。
明治期になるまでの日本犬とは、日本列島各地其々の地域に居た地犬である。
奥羽地方の地犬で猟師(マタギ)が狩猟犬にしていた犬をマタギ犬と呼んでいた。
明治になると狩猟犬に洋犬の血が混じり出し、在来純血種のマタギ犬が減っていった。
中でも闘犬が盛んであった秋田ではマタギ犬に大型洋犬を交配して闘犬を作った。
明治41年に秋田県の闘犬禁止令、犬は放し飼いの当時では秋田犬の雑種化が進んだ。
その現状を憂う人達が原種である秋田マタギ犬の復活を試みる復元交配を進めた。
大型化した体躯はそのままに、マタギ犬の形質と気質を復元するという身勝手な復活。
そして、あろうことかその復活犬を国が日本犬の天然記念物として指定したのが昭和6年。
その頃には奥羽各地のマタギ犬の原種犬は略絶滅しており手遅れ措置であった。
日本各地の地犬の保存のため日本犬保存会が発足、国も天然記念物指定をした。
昭和9年に甲斐犬・紀州犬、11年に柴犬、12年に四国犬(土佐犬)・北海道犬(アイヌ犬)。
昭和9年に「越しの犬」も指定されたが昭和46年にその純血種は絶え、今は上記6犬種。
他に県の天然記念記念物に指定して地域地犬の血統を守ろうする動きもある。
復元前の秋田犬は進駐米軍が米国に持ち帰り「アメリカン・アキタ」との別犬種になった。
まま、洋犬との雑種から復元された秋田犬が日本犬の天然記念物指定第一号の奇天烈。
秋田犬に何とも複雑な思いもするが、ザギトワ選手やプーチンに好かれるなら、それも一興。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1407-55f367ab