2018.03.13 狐と狸
IMG_20180221_154021.jpg
先日、きつねうどんを作ろうとスーパーマーケットに行った際の売り場である。
主材のうどん玉38円、副材の油揚げ98円、うどん汁58円、青果売り場の青ネギ98円
〆て298円の買い物になるが、何となく素直になれない気分であった。
売る側の立場は、顧客の購買動機の主材商品に併せ副材の関連商品を売り込むのは原則。
そして関連商品を一括りにして、うどんコーナーを作るが、このコーナーに青ネギがない。
理由は簡単、縦割り部門根性。うどん玉・油揚げ・うどん汁は日配部門、青ネギは青果部門。
店長がしっかりしている店なら、日配部門といえども青ネギや一味唐辛子・天かすも添える。
私はつい店長を呼ぶという思いが頭を過ったが、さすがにそれは止めた。
38円のうどんを食するにその10倍の食材購入とはこれ如何と思うのは客になった証拠。
そこで思い出したのが20円だった高校食堂のきつねうどん、素うどんは15円であった。
きつねソバをタヌキと称したので、東京で「タヌキ」と注文すれど通じなかった思い出がある。
まま、あれこれ昔のことを思い出した買い物日であった。
IMG_20180221_153614.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1414-430eb686