FC2ブログ
IMG_20180328_160932.jpg
プランタンの片隅で花を付けた「鯛釣り草」、別名「華鬘草・けまんそう」。
ほったらかしのプランタンで冬を越し、春至って誰が為か知らんが花を開かせた。
鯛釣り草の写真を撮った先日には近隣の茶人が花の鉢を届けてくださった。
岩八手(いわやつで)と花筏(はないかだ)である。

IMG_20180402_095044.jpg
岩八手。原産地は満州や朝鮮半島。
背が高く咲くことで丹頂鶴に見立て、別名を丹頂草 (たんちょうそう).と云うらしい 。

IMG_20180403_083540.jpg
花筏。北海道南部以南の日本列島の森林に自生、西南諸島と台湾に変種があるという。
今の季節、川面に浮かび連なって流れる桜の花びらの情景が花筏の名のモチーフとか。
春に葉の中で小さな粒上の花を付け、夏を過ぎるとそのところに黒い実が生る。
別名を「嫁の涙」と云う。その名が生まれた物語とは、
>ある若嫁が殿様の使いから「葉に実のなる木を見つけてほしい」と言う命令を受けました。 夜も更ける頃まで山の中を探しまわったのですが見つける事が出来ませんでした。 その時に流した悔し涙が葉に落ち、月の光で黒真珠のように輝きそれが花筏(はないかだ)の果実になったと言われました。<

私の同級生が息子さんの嫁御はんを褒めなさっている。
そこへ頂いた「嫁の涙」。美しい物語で安心した次第。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1425-0188fcfc