2018.04.27 死に頃
IMG_20180427_072858.jpg
今朝、裏山で見つけた紫蘭を床の花入に挿した。ついでに軸は鮎にした。

昨日は月例の同級生囲碁巴戦の対局日であった。
星野はんに続き衣笠はんという我々同世代の人間が相次いで他界。
三人で話すこともついつい体調の話と死に頃の話になる。
胃がんで胃を摘出した話や同病の友人のこと、そして奥方の立ち眩みが云々とか。
朝に心臓病の手術後検診を受けてから来たという一人も不整脈がどうとか云々。
71・2・3歳あたりは死に頃やけど、ここを抜けると80まで行けるでとか何とか。
まま、80まで行けたからどやねん、無駄死にならぬ無駄生きは世の迷惑とかアレコレ。
今回も囲碁の対局結果にはお互いに岡目八目の勝手な言いぐさは常の通りで丁々発止。
取り敢えず、生きている中のこの11月に同窓会をして翌日にゴルフと云う話を決めた。
私は生まれてこのかたゴルフなんぞやったことがないので、好きにどうぞとふて腐る。
花の70代というが、それには健康が第一だというのが三人の共通認識であった。
死に頃、世の中に死に頃という在り様に世論の高まりが必須であろうと思うが如何。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1439-f9fda975