FC2ブログ
夕べは町内の盆踊り大会。娘が孫三人を連れてやって来た。
娘にとっては、小中高時代の想い出があり、懐かしい友人と出会う場でもある。
私の町内盆踊り大会は最近来場者が多くなり盛んになって来た。
恐らく半数は他の地区の住民であろうと思われる。見慣れない若者達もいる。
実は近隣の町内では盆踊り大会が衰退し,消えて無くなってしまっている。
比較的マメにというか町民自治会の運営体制がある私の町内は続けてきた。
そこで、盆踊りを失くした他の町内から来場者の流入が多くなった。
盆踊りの運営に加え、準備や後片付けは私の町内住民の方々が行なっている。
町内の住人に合わせた夜店出し物を用意し、各家庭に引換券を配っている。
勿論、現金も可としていたので他地区の来場者は現金購入をして楽しむ。
綿菓子50円、カキ氷100円と云った値段設定なので、早く売れ切れになる。
引換券を持って来た町内の親子連れが欲しいものが貰えない状況もある。
夜店の運営も町内自治会で分担して前々から準備している代物である。
町内の盆踊り大会が賑やかになるのは良いことだが、実情は少々気になる。
準備運営後片付けをやる人達にとっては、あくまでも町内行事のはず。
他の自治会が自身の盆踊り大会を衰退消滅させた結果のアオリとは・・?
終わったその日から来年のことを考え工夫を重ねる努力を続けてきた私の町内。
そのことには町内の皆さんに感謝をするところだが、どこかで疑問の声が出そうだ。
これも一元集中化現象であろう。

IMG_20180818_180316.jpg
まだ日のあるうちから踊り手の皆さんに混じって踊ってる子供達。
歌は河内音頭である。踊りも何処の踊りか知らないものである。
奈良の盆踊りは江州音戸で奈良独自の踊り方があったもの。
この町内も奈良の地下人は少なく、奈良弁、ふるさとの「そ」は聞かれなくなった。

IMG_20180818_175704.jpg
4
長い行列を作らないと人気の「綿菓子」や「かき氷」を手にすることが出来なくなった。
30分も並ぶと小さな子供には苦痛があり、親の出番となっている。

IMG_20180818_185205.jpg
出し物も専門性が高くなって来て、河内音頭の歌い手踊り手、和太鼓の打ち手も素人でない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1515-ead6b0a1