FC2ブログ
2018.09.12 良妻
IMG_20180911_175000.jpg
魚のすり身を山芋で延ばしてフライパンで焼いたものとか。旨かった。
昨夕、呼び鈴が鳴ったのでヨロヨロとインターホーンに出ると近隣の茶友。
玄関まで出ようとすると先に玄関戸が開いてその方は入って来られた。
「差し入れ」と云って出されたのはバラ寿司とこのすり身焼であった。
このブログで私がギックリ腰で伏せていると知り、お気遣いを頂いたのである。
有難く頂戴し、早速に焼酎のアテにとすり身焼をひと切れ食べてみた。
まだ焼き立ての温もりが残るすり身焼は私の記憶にない味覚で旨い。
ついその場でその茶友のお宅へ電話を入れると奥方が出られた。
私が礼を云って「これは何ですか、今まで食べたことがない」と訊いてみた。
すると「魚のすり身を山芋で延ばし薄味をつけて焼いただけです」とか。
この茶友ご夫婦は一人身がちの私に何くれと食べ物の差し入れをして下さる。
その度に思うことは奥方の素朴なひと工夫がある手料理の味である。
男冥利とは良妻を得て添い遂げることであろうと私は思っている。
我が女房殿も健康だった昔には白菜を刻んでよく餃子を手作りしてくれた。
私も餃子皮に包むのを手伝った、そんなことを思い出しながらのすり身焼。
察するに良妻の型は一様でない。伴侶とのハーモニーで奏でられるものであろう。
ギックリ腰も少し癒えて来たので、今日は我が良妻を見舞いに行こうと思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1527-0c27dc25