FC2ブログ
2018.10.11 不一不二
IMG_20181005_095421.jpg
朝の玄関に芳しい香りを漂わせていた金木犀もぽつぽつと散り出した。

昨夜、書簡を認めていて末尾を不一か不二か違いが気になり調べてみた。
すると私の生家の近隣の住まわれていた岡潔先生の話に突き当たった。
「自然科学は間違っている。
不一不二だから、めざめた人はこうなる・・、
花を見れば花が笑みかけているかと思い、
鳥を聞けば鳥が話しかけているかと思い、
人が喜んで居れば嬉しく、
人が悲しんで居れば悲しく、
人の為に働くことに無上の幸福を感じ疑いなんか起こらない。
こんな風です。
つまり、個というものは、別々のものだが、全体として1つでもある。つまり、1つとも言えないし、2つともいえない。つまり、数の概念が使えない。だから、数学では扱えない世界である。そういうものである。」

偉大な数学者であった岡潔先生の「自然科学は間違っている」。
ノーベル賞の本庶佑先生の「教科書に書いてあることを信じるな」。
何やら御二人、よく似た話やなと面白がっていたら、不一不二が遠のいた。
昨夜の書簡は「不一」にした。次は「不二」にしよう。
まま、秋の金木犀と春の沈丁花の違いであろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1543-268e3260