FC2ブログ
2018.12.22 亥香合
DSC_0092.jpg
大学武道部の後輩である赤膚焼の窯元が干支の亥香合を持って来てくれた。
来年は亥年、干支でいうと己亥(きがい・つちのとゐ)、猪の年である。
私の姓は井谷、仮名で書けば「ゐたに」であり、前は「ゐノンたに」と云うたらしい。
「猪(ゐ)の居る谷」という意味であろう。まま、奈良東山中の在所である。
イノシシとは「猪(い)の獣(しし)」の意で、「しし」は獣の肉のことをいう。
私の子供の頃の奈良・吉野では地犬の紀州犬のことをシシ犬と呼んでいた。
シシ犬はイノシシだけでなく鹿やカモシカ・熊・狸・兎の肉を狩猟する犬ということ。
漢字で猪と書くと支那では豚のことで、イノシシは野猪と書くらしい。
「豚」とは、支那では子豚のことで毛のない猪ということらしい。
イノシシはアジアから欧州に分布しているが日本のイノシシはその亜種だとか。
更に、日本イノシシと琉球イノシシに分かれるが、何故か北海道には棲息しない。
縄文遺跡にイノシシの飼育形跡が残されているが、弥生遺跡は豚の飼育となっている。
北方ルートの縄文人が本州に入ってからイノシシと遭遇し、それから豚に改良したのか、
それとも、渡来人が大陸から豚を連れて来たのか興味深いところである。
来年は埋れ木座談会で牡丹鍋を突きながら、その辺りを語り合いたいと思うところ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1582-22157513