FC2ブログ
2018.12.30 落とし紙
DSC_0093.jpg
トイレットペーパー。昔は落とし紙、その前は便所紙(新聞紙を揉んで使った)。
似て異なるはティッシュペーパーは水に溶け難い、元々はチリ紙(ちりし・ちりがみ)鼻紙。
子供の頃、ハンカチ・チリ紙は一緒に持ったものである。
外人がハンカチで鼻をかむのを見て違和感を持った記憶がる。
チリ紙は侍の身だしなみである懐紙(八切り)の名残りで日本人の生活文化であった。
トイレットペーパーにダブルとシングルがあるのは衆知、その薀蓄(ウンちく)を知った。
さて、都道府県別の統計では、「ダブル」派が55.1%で、「シングル」派の44.9%とか。
「ダブル派」は、長野県以東の東日本のほぼ全部だそうだ。
東日本で「シングル」派だったのは、千葉県、神奈川県、新潟県だけだとか。
近畿地方では「シングル」派が京都府(57.1%)、大阪府(50.2%)、兵庫県(55.0%)。
なんと、奈良県に至っては「シングル派」が85.7%で断トツの日本一である。
しかし他の西日本では「ダブル派」が多く、都道府県全体では「ダブル派」が多数を占めた。
「シングル派」は奈良をトップに近畿に偏っているということ、節約派?。
「ダブル派」の割合が80%を超えたのが、北関東から南東北にかけた地域だとか。
福島県(80.0%)、茨城県(81.8%)、栃木県(85.7%)。栃木県の85.7%は全国最高率。
それにしても栃木のダブル率が奈良のシングル率と同じ数値とはワロタ。
私が東京で暮らした下宿の娘は栃木の子だった。思わず苦笑いをした次第。
因みに、シングルの紙を2枚合わせたものがダブルではないらしい。
シングルは1枚のみで使っても破れたりしないように、厚手の紙で作っているとか。
ダブルは紙のやわらかい面同士を外側にして作っているので寒地でも肌に優しいという。
睡眠と食事、そして排便は生きる上での三大要素である。
まま、正月料理のフン詰まりに要注意。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1586-ec981eac