FC2ブログ
2019.04.18 犬の躾け
DSC_0247.jpg
盲目ながら物干しベランダで悠々自適の愛犬「ハナ」。
また悪カラスにやられた。近所から貰ったパック入りの草餅をやられた。
台所の炊事台に置いていたパックが床に落ちていて、中身の草餅が消えていた。
パックは突かれて穴があき蓋が開いていた。ハナには届かない炊事台である。
悪カラスはベランダに舞い降り、居眠りをしている「ハナ」の横を通って台所に入る。
この悪カラス、私の姿を感知すると私の顔を見てから逃げ出す。笑うしかない。
さて、犬のしつけ(躾)のこと、私は「身が美しい」とは思っていない。
お坐り、お手、待て、よし、臥せ、チンチン、見ていて可哀相で不細工である。
犬は人間との共生動物であって家畜ではない。共生の歴史は優に1万年を超える。
犬は猟犬、番犬、牧羊犬として人間と共生して来たが、愛玩犬は別物で家畜である。
犬が人間から餌を貰うために芸をするなんぞ共生の関係ではありえない。
人間との間で役割分担をして応分の分け前をもらうのが人間と犬の歴史であった。
私が子供の頃に聞いた奈良・吉野の猪犬(猟犬)の餌の話は分かり易い。
犬が獲物を見付け追い、雄犬が獲物に噛み付き雌犬が吠えて猟師に知らせる。
猟師が仕留めた後は、その場で獲物の腹を割き内臓を出して犬に与えるもの。
勿論、猟のない日々の餌は猟師が与えているが芸はさせない。猟への待ち時間。
私はハナに水と餌を定置・定時間に置いておくだけで勝手に食べさせている。
ハナに「しつけ」をしたのはただ一つ、畳の部屋(座敷)に入るなということだけである。
板の間や廊下・ベランダ、そして家の周りはハナが自由に生活をする場としていた。
然しである、目が見えなくなったハナは臭いと接触だけが私の確認接点となってしまった。
そこで私が食事(飲酒)をする座敷に、ハナを上がらせ横に坐らせるようにした。
当初はオズオズして「ええのかな」という雰囲気であったが最近は当然顔で上がる。
だが愛玩犬の表情はない。媚もなく尻尾も降らない。私が手足をいじると唸り声を出す。
人間(じんかん)、企業間、国家間、須らく共生でありたい、愛玩化慎むべしと思う。
まま、朝鮮民族の歴史は愛玩犬の主人探しそのものの感あり。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/1633-44f45bea