2014.06.28
201406281049.jpg
今朝、卒塾者の方から頂いた「夏椿・なつつばき」ツバキ科、日本・朝鮮半島南部原産
ツバキ科には珍しい落葉樹である、花言葉は「はかない美しさ・哀愁」

夕べ、手足が痺れ寝苦しく冷汗をかいた、案の定である、低血糖を起こしたのだった
この三日四日、掃除と「断捨離」で動き回ったのに、血糖を下げる薬を続けていたのだ
薬箱からブドウ糖一袋を取り出して口に含み、日本酒を湯呑に注ぎ一気に飲み干した
暫らくすると、症状は治まり楽になった、まま、慣れたものである

先には獄中で低血糖を起こしたのだが、そこは耳鼻咽喉科、看護婦は慣れていない
仕方なく、私がブドウ糖と血糖測定器を持ってくるようにテキパキと指示をした
何しろ、糖尿歴は四十年、しかも父・祖母からの血統書付糖尿患者である
看護婦相手に糖尿病の「傾向と対策」を講義できるというもの
獄中の禁酒状態が続いたので低血糖を来してのだという自己診断を話す
それ故、酒は何時も枕元に用意しておくように云ったのだが、拒否された
人の云うことを聞かない看護婦であった

面白いことに気付いた
断捨離は、入るを制し出るを図るというのが根本の教えである
何のことはない、糖尿病のカロリー対策と同じ教えだと納得した
貯め込むばかりの金満家に云ってやりたいものだ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/381-c3b1253e