2014.07.19 妄想殺人
images_201407191652427a7.jpg
小椋 佳(おぐら けい)本名:神田 紘爾(かんだ こうじ)、現在生存中
前の記事にコメントが入り、私は殺意なく彼を妄想殺人してしまったと気付かされた

早速に調べて見ると、小椋桂こと神田 紘爾、昭和十九年東京生まれ、東大法学部卒
第一勧銀(現みずほ銀行)入行、証券部証券企画次長、浜松支店長、本店財務サービス部長を歴任
その傍らで音楽活動を行う、昭和四十六年歌手デビュー
当初は、フォークソングあるいはニューミュージックに分類されていたが、次第にジャンルを広げる、
平成五年、銀行を退職し東京大学文学部哲学科に学士入学、歌手活動と並行して学業に励んだ

他の歌手への提供曲も多く、「シクラメンのかほり」(歌:布施明)は日本レコード大賞などを受賞
その他、「俺たちの旅」・「時」・「俺たちの祭」(歌:中村雅俊)、「愛燦燦」(歌:美空ひばり)などがある
作詞のみの曲としては「愛しき日々」(作曲・歌:堀内孝雄)、「山河」(作曲:堀内孝雄、歌:五木ひろし)
「白い一日」(作曲・歌:井上陽水)、また、アニメーション『銀河英雄伝説』のエンディング曲の他
校歌・市歌なども数多く手掛けている

浜松支店勤務の際、地元の要請に応えて「やら舞歌」を作った
これは今[いつ?]も浜松まつりなど浜松市のイベントで使われ続けている
第一勧銀浜松支店の担当取引先であった縁で、菓子製造会社春華堂のCMソンもを作っている
芸名の「小椋」は、大学の時のこと福島県耶麻郡北塩原村の学生村滞在中にその名を使う
滞在中周りの住民の姓のほとんどが「小椋」姓であったことにより命名したものであるとか
「佳」は、後に妻となる恋人、塚原佳穂里(小学校の同級生)の名の第一字から取ったものである[

現在生存中ながら、実は、この九月十二日(金)に東京NHKホールで生前葬コンサートを行うとか
料金(香典?)は、S席-一万円円  A席-八千円と聞く
生前葬を発表したとは、死んでいるも同然なりや・・?、それとも私の勝手論理なりや・・?



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/402-e9688d85