2014.07.26 南京かぼちゃ
2014072217240000.jpg
一昨日のこと、葉蓋を求めて近くのカボチャ畑に分け入り、そこで見た可愛い花を写した
まず間違いなく西洋カボチャであろう

この日、碁仇の同級生が「新米までの繋ぎや」と云って、米を一斗を持って来てくれた
「おまけ」と云って、家の畑で採れたという大きな西洋カボチャも一つ持って来てくれた
そのカボチャ、半分を近くの卒塾者のお宅へ届け、半分の半分を煮物に、残りを天ぷらにした
女房殿と二人で平らげるには充分過ぎ、米の飯は不要であった、ふと思い起した一句

「 楽しみは 夫婦仲良く 三度の飯 」

そして、もう一つの言葉

「 かけた情けは水に流せ、受けた恩義は石に固めよ 」

その友人と囲碁を打ちながらの徒然ばなしが、いつもながらの楽しい時間である
日本カボチャ、曰く黒皮南京は八百屋の売り場から消えたことは前にも記事にした
然し、日本料理には欠かせないので市場でひっそり置かれてあるという
昔の青果屋の売り場を陣取った「プリンスメロン」は、今は全く流通していない
むしろ、細々ではあるが、昔ながらの「マッカ」すなわち「マクワウリ」は作られている
日本人参も見なくなり、今では正月用の金時人参が作られるぐらいなものである
最近、日本ウナギがどうこう云うているが、前には裏の溜池でとれたものだとか

と、まぁ云んだらカンダラ三時間余り、気が付くと二局連敗であった・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/407-23091a2d