2014.10.13 黄色の彼岸花
2014101306510000.jpg
近所の庭で見た黄色の彼岸花、もう川土手や田の畔に彼岸花は見られない
どういう訳か、菖蒲(しょうぶ)の花も黄色の花、曰く「黄菖蒲」が最後に咲く

茶花の世界では季節外れ、曰く「狂い咲き」の花は使わないである
然し、その手の種類がその時期のものと分っている場合は使う
つまり、菖蒲の時期には遅れても、黄菖蒲には黄菖蒲の時期のものということ

昨日は近所の碁友である、元新聞記者の方と碁を打った
私の惨敗であった、囲碁の師匠から聞いた言葉が頭に浮かんだ
「囲碁は相手の上手い手に負けるのではなく、自分のミスで負ける」という話
全く以って、その通りだと実感する

この元新聞記者の方、先に茶の見学に来た「千家の御仁」の同窓の先輩である
この方はブログを見たとかで、「本人がおかしいので、学校には無関係」とキッパリ
先にも、その同じ千家の茶歴五十年という私の茶友からも話があり
「その本人を教えた先生の問題で、千家ではそんな無礼をしない」ということであった

この九日のブログ「アオサギ」の記事に件の「千家の御仁」からコメントが入った
礼状も詫び状もなく、このブログへ子供じみたコメント、何かしら憐憫を誘う
学校の問題でもなく、流儀の問題でもなく、御仁は単なる狂い咲きであろう
仲介者の面目を潰し、迷惑を掛けたという自覚は全くないようだ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/496-dc97e1d0