Kawasaki_Ki-61-14.jpg
陸軍三式戦闘機「飛燕・ひえん」、日本戦闘機初の水冷式エンジンを搭載
機体はスマートであったが、エンジントラブルが多かったとのこと

「飛燕」の設計者は糸川英夫技師ではない、故に「隼」の後継機とは云い難いかも
それでがどうか、「ハヤブサⅡ」の後継機は決まっていないことが杞憂されている
「ハヤブサⅢ」開発の早期着手が望まれる
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/552-c89e34ba