2015020913200000.jpg
枯れ散る寸前のタンポポの綿帽子、綿帽子の姿形で見れば今が最も美形状態だ

双葉の芽生え、青葉の瑞々しさ、蕾の可憐さ、花の鮮やかさ、黄葉紅葉の照り
野を彩る草木の四季には、其々の味わいがあるものだ
人生にも青春・朱夏・白秋・玄冬.という区分があるが、これまた其々の味わいがある
このタンポポの綿帽子、じっくり見れは宇宙体を想わせ、その姿は「今が盛り」と云える
思うに人生古希辺り、今風に云うとアラセブンティ、綿帽子の盛り時季とも云えそうだ

先の記事、北新地のビフテキ屋での老医師二人と新年会兼御母堂野辺の時のこと
医師を引退し、「廃医師」と称する博覧強記の御仁の色々な卓見には常に感服するところ
今回の「アラセブンティの風発談義」、特に次の二点は膝を打って同意、以下記す

一つ、選挙制度の革新であって、年齢別に投票権に軽重を持たすこと
元服前は政治未熟で無票、一六歳から一九歳の十代は一票、二十代、三十代、四〇代は二票
五〇代・六〇代は一票、そして七〇歳以降年金受給年代は政治引退で無票
これがアラセブンティの意見なるが故、真実味があり傾聴するに値すると思う
恐らくはそれで選挙投票率向上も図られ、国会や地方政治で未来視点の討議がされるであろう
然すれば、既得権益や業界・地元利権の誘導は減るとであろうと思えるのだが・・

今一つは、徴兵制度の復活である、但し中身は違っている「徴兵」というより「徴用」である
徴用隊は三つの編成隊とし、国土整備隊・社会整備隊・防衛整備隊の国民皆徴用制度というもの
①国土建設隊は国土の農林・建設の作業訓練が任務
➁社会整備隊は介護・福祉の支援と社会整備の作業訓練が任務、
③防衛整備隊は国家防衛の軍事訓練が任務
以上の構想を事細やかに、且つ具体的観点を交えながらの話であった

最近の国会討論を聞くにあたり、身が引き込まれるような話が無い
選挙民向けパフォーマンスか、無知をさらけ出すか、見識の低さを見せるかで、正視に堪えない
「廃医師」の講釈、よく腑に落ちる、まま、「アラセブンティ」は死なず、消えて行くのみか
男性の健康年齢は七二歳とからしい、それを超えると好々爺然と阿保になること肝要

もう一人の老医師「泉州の赤ひげ先生」、この御仁の老後の夢が私の腑にズッシリ来る
その話は次に

それにしても老医師二人、私が歴とした糖尿患者と承知しながら、常に酒類と饅頭を下さる
緩慢なる殺人行為かな・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/608-1ab0a234