2015.02.16 逆三日月
2015021606040000.jpg
今日二月十六日明け六つの月、空が綺麗のでつい撮った、三日月の逆形である

云い替えれば昨日十五日の夜の月であり、バレンタインデーの十四日は旧暦二十六日
今回のバレンタインデーの月は午前二・三時頃にようやく出てくる「十六夜の月」
古には、この十六夜の月を待つ「月待ち」の慣習があり、「二十六夜待ち」と云って楽しんだ
要は、遅くまでの夜遊びに風流な云い訳がつくというもので、バレンタインデーには上々
小理屈ながら、昨夜の月は旧暦二十七日・晦日の三夜前になり、逆三日月という話

三日月の呼称が一般化しているが、本来の三日月は右上の弓型である
対して、写真の昨夜の月は左下の弓型であるため、厳密には逆三日月形
三日月は新月とも云われ、初めて現れる月としてイスラム教では貴ばれている
太陰暦でいう新月とは満月の反対で月のない夜だが、目に見え始める三日月を新月と称す

アラビア半島、アフリカ北部、いわゆる中近東辺りの人には、太陽より月が恵みの象徴である
灼熱の日中から、涼しい夜間が人々に安らぎを与えてくれるということだろう
トルコ、パキスタン、アルジェリア、チュニジア、マレーシア等のイスラム国旗になっている
面白いことに左右上下のことは問題とせず、単に「三日月形」というだけになっている

ところで、私が通院する大阪赤十字病院、日本赤十字社の運営する病院
赤十字はナイチンゲールの帽子でも知られる赤い十字を紋章とするは周知
これにイスラム教が納得できる訳がない、欧州の十字軍は不俱戴天の仇だ
イスラム諸国では三日月紋章を使う、よって国際赤十字赤新月社連盟 が正式呼称
イスラエルは十字も新月も拒否、「ダビデの赤盾」を用い孤高を貫く、至極当然の話

昨日のニュースではデンマークで銃撃事件があり、パリのテロの続編と伝えられていた
一般人への無差別殺戮は米軍の原爆投下同様に、許せべからざるテロ行為である
イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を描いた画家が狙われたのがことの次第
私は、イスラム教徒が彼らの刑罰として、この画家を殺害せんとすることは認めるところ
「言論の自由」が聞いてあきれる、自由には常に責任が伴う、「冒涜の自由」は無い
罪と罰とは、犯した者の論理でなく、犯された者の論理で裁かれるのが筋、と私は思う

戦前の日本に対し、天皇を犬の姿や豚に描き、「風刺」とチャラけた外人いたならば
ほぼ確実に斬殺されたことは容易に想像がつく、当り前だのクラッカーである
イスラム教シーア派の人間にとっては、ムハンマドとは日本人にとっての天皇である
同じイスラム教でもスンニ派の人々は啓典を以って信仰の対象としているがシーア派は違う
ムハンマドの血筋・血統を以って信仰の対象としている、日本皇室の血統・皇統と同じである
根っこの心情を理解せず、分った気に「テロを憎む」云々との似非識者の然たり顔はアホ臭い

自分の行為が正しいとするなら逃げ隠れもせず、堂々と討たれろと私は云いたい
さすれは、周りの者に被害を与えずに済むし、それで自分の思いを主張すればよい
踏まれた痛みは、踏んだ者には分らないのが、話の基本・原点である
自由や平等、民主主義・平和主義ゴッコは今の日本人の風潮だが、世界の国歌の文言
我が主張のため「行け、征服せよ、討て、殺せ、銃を持て、撃て、進め」が歌詞である

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/614-81a1ce4e