2015.04.03 酒・酒・酒
2015033017270000.jpg
遅れ気味だった秋篠川があっという間に満開になった、明日から雨予想、命は儚い

忘れていたが、七〇年前の四月一日は、米軍か沖縄本島に上陸を開始した日であった
新聞に海軍予備学生として神風特攻に出撃、戦死された方の日誌の記事があり気付た
二年余りの日誌は大学ノート八冊に及ぶ、その中に「茶道」への一文があり紹介されている
キーボードながら書き写すと伝わるものがあった、ここは「茶」のブログ、その一文を記載する
東京農大・森丘哲史郎海軍少尉、昭和二十年四月二十三日、西南海域で敵艦へ特攻を敢行
富山県出身、享年二十三歳、ご両親ご兄弟姉妹あり


角あらば人間生き苦し、角無きを尊ぶは茶道なり、
・・(略)・・
茶室の櫨(ろ)にたぎる茶釜の湯気こそ美しく、その音こそ美味なり、
静かに点つる小さな茶碗、緑にも有らず白にもあらず、
古めかしき茶器もまたよくかな。
来りて坐する人々、皆美しき心の主にして静けさを愛する自然人なり。
・・(略)・・
お茶は若き戦斗(せんとう)機乗りには良かものなり。


写真で見る日誌には「酒・酒・酒」と大きな字で書きなぐられていた
私も夕べは「日本酒の会」で、酒・酒・酒であった、英霊に申し訳がない、長生きは罪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/654-7dca1ce2