無題
サントリー「C、C、Lemon」、平成六年の発売当時の表示はシーシーレモンであった
コカ・コーラ、ペプシコーラに次ぐ販売量になっている

我ながら、つまらん駄洒落で少々気恥ずかしい
「師と士」の区分に興味を持ったので調べてみたら、「司」もあるらしい
以下、転載

「栄養士」「美容師」「福祉司」など,資格や職業名につく「士・師・司」の使い分けの問題である。使い分けは,それぞれの漢字のもつ意味の異同に基づく。まず,「士」は「成年の男子」「役人」の意味で,転じて「学問や教養のある人」「事を処理する能力のある人」「さむらい」をいい,称号や職業名につけた。
「楽士・騎士・義士・紳士・闘士・武士・弁士・名士・勇士・力士・烈士」

この用い方に由来して,「士」はまた,国家試験等によって取得する,次のような資格の名称にも用いる。
「栄養士・海技士・技術士・技能士・行政書士・建築士・航空士・公認会計士・司法書士・税理士・測量士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・弁護士・弁理士・ボイラー技士・理学療法士」

次に,「師」であるが,これは「多くの人々」「いくさ」の意味があり,「師団」「出師」などの語に用いられている。また,転じて「教え導くもの」をいうようになり,次のように接尾語的に用いられて,技術者や専門家を示す。
「技師・教師・講師・牧師・伝導師・仏師・導師・漁師・猟師・講釈師・人形師・能楽師・表具師・宣教師」

このような用い方に由来して,「師」は次のように一定の職業に就く資格の名称に用いられる。
「医師・灸師・歯科医師・獣医師・診療放射線技師・調理師・調律師・鍼師・美容師・薬剤師・理容師・臨床検査技師」
これらも国家試験等で取得できる資格の名称である。その他,訓読語について「占い師・鋳物師・軽業師」などのようにも用いられる。

最後に「司」であるが,字訓の「つかさ」「つかさどる」は,「役所」や「公の仕事を取り扱う人」を意味し,
「行司・宮司・郡司・国司・祭司・斎院司・造酒司」
などの言葉が生まれた。この用い方の延長の職名として,
「児童福祉司・身体障害者福祉司・知的障害者福祉司・保護司」などがある。

いずれも特別の職務の名称であり,前記の「・・・士」「・・・師」とは異なる。
これらのうち「福祉司」は地方公務員,「保護司」は法務大臣から委嘱を受けた民間人である。


そう云えば、「士魂」戦車連隊と呼ばれたのは、池田末男連隊長率いる戦車第十一連隊
終戦後八月十八日に占守島に上陸して来たソ連軍相手に奮戦、彼は壮烈な戦死を遂げた
その「出師」に際しての池田連隊長の言葉は先に記事にした、ちょっと横道話になった・・

http://houan7010.blog.fc2.com/blog-entry-442.html
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/668-5f402fe3