2015.06.26 米国上院
2015062510370000.jpg
伊賀越えの行きしなは西大寺駅から八木駅乗り換え無しの直行特急を予約して乗った
特急列車の通路幅は台車より狭く、私はデッキで立ったまま「ハナ」と居た、特急券の持ち腐れ
帰途の電車は急行列車にして、車内にハナの台車と共に乗り込み座席に着いた、ハナも満足げ

早朝にブログを書き込んだ後、今日の新聞を見てブログの追加を記しておきたくなった
それは、米国上院で大統領に一括交渉権を認めるTPA法案を可決したことである
私はこれには舌を巻いた、民主党政府の大統領に権限を付与する共和党の提議である
そのことへの反対者は民主党である、まさに三権分立の面目躍如というか議会制度の本分
日本が日米戦争に負けたのは、兵隊の差ではなく社会の熟成度の差であったと痛感する
今日の日本の民主党議員の質問、まさにマッカーサーが十二歳レベルと評したガキそのもの

安保法制の是非という日本国存立の根源論にも真っ当な討議が出来ない今の日本の国会
比べて、米国上院では日本の核武装議論が始まるという、その内容とは
「日本は責任ある大国として核ミサイルを保有すべきだ」という話だそうだ、全く脱帽である
国の議会、国会議員とは何を思考し何を語るか、日本国民のレベルそのものが問われる
国会議員とは地方や特定団体の利益代表でもなければ、自分の選挙民の御用聞きでもない
日本の将来に向けての国策を考え、衆議する賢者達であるべし、と私はそう思う
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/721-8c58af1b