2015070106590000.jpg
未だ雨が続いているので、車庫の中で傘を干す三輪車

昨日の天気予報では夕暮れから大雨ということだった
私は三輪車に跨り、買い物を済ませてから行きつけの診療所に寄った
先の患者さんが済むのを待って、定期診察を受け薬をもらった
支払いを済ませて帰ろうとすると、外は既に雨が降り出していた

親切な看護婦さんが、「これをお持ちください」と云って傘を渡してくれた
病院名が書かれた透明傘である、幸い私の三輪車は「差すべぇ」付きである
私は看護婦さんに礼を云って、診療所を出た
然はあれど、病院名が書かれた傘を「差すべぃ」に付けて三輪車で道往く我が姿
すれ違う人や追い越す人が珍しそうに振り返るが、まま、ワレ関せず・・
恥ずべき恥と、恥ずべからざるき恥がある、私は堂々と病院傘付三輪車を漕いだ

然し乍らである、今朝の新聞やテレビはギリシャ云々、つまり恥知らずの話
ギリシャ政府曰く「借りた金は返したくない」「生活のレベルは落としたくない」
そして「我々を破産させたくなければ、もっと金をを貸すか、借金の棒引きをせよ」
件のギリシャ首相、愚民を煽った自らの政策が頓挫すると、次の手は「国民投票」だとか・・
「自分の政策とは違う投票結果が出たらそれに従う」、要は国民へ責任転嫁ということ
全く以って卑怯である

愚民を煽る形でギリシャ首相に就いたこのチプラスという男に、私は首を傾げていた
その服装や表情、云っていること、伝え聞く私生活、女にもてそうだが邪な臭いがする
一言ことで云えは「恥知らずで卑怯な男の典型」、私はそう思って見ていたが案の定だ
日本文化の特徴は「恥の文化」とも云われ卑怯を厭うが、このギリシャ男は・・
それとも、それがギリシャ文化なのか、ソクラテスもプラトンの居たろうに

亡き司馬遼太郎曰く、白人と支那人は恐喝の民、比べて日本人は実直の民、と
納得出来る話である
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/723-178558ea