1akansa99.jpg
ギリシャ国花のアカンサス(Acanthus) ギリシャ語の「akantha(とげ)」が語源
狐の孫科とある、「とげ」であろうが「狐」であろうが、名は体を表す

---
前置きが長くなりました。ユーロ安はドイツに有利では?とのご下問ですが、事態は「EU経済縮小への憂慮」という段階に入りました。世界のGDPのうちEUは3割占める。この市場が小さくなれば世界経済全体にダメージ、日本も輸出の15%程度依存ですが、中国や韓国のダメージは相当なものでしょう。ギリシャ危機をユーロ加盟国危機に転移させないためには、ギリシャ危機自体を消すしかないと思います。「いやー皆の衆、お騒がせしましたが、なーに、ご心配なく、ギリシャ兄さんは、わてらでキッチリ面倒みますさかい、ご心配なく、ワハハ」とEU首脳とECBが笑顔で言うて欲しい。ドイツも「まかせなさい」と言うて欲しいところですが、ゲルマン怒りの噴火危険度は箱根どころじゃない様子。そもそも何度も噴火するドイツを抑えこむことがEU成立の背景、通貨統合はあくまでも財政統合の前段階というのが識者の説明でした。理系女子のメルケルおばさんが荒ぶるゲルマン男子を鎮めることができるでょうか?ゲルマンとヤマトは実直(愚直)な分だけ、切れるとそりゃもう大変で手がつけられない・・と英国野郎が言うてました。
投稿者 : ザッケローニ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/731-d34e7d80