2015.08.25 世界陸上
2015081009570000.jpg
鷺(さぎ)草の写真を載せた日に秋篠川で青鷺(あおさぎ)が佇んでいた
鷺草は白鷺を想起させる花で青鷺ではないが、まま詐欺師よりマシか
私には、欧米の白人と支那の漢族が世界の詐欺師に見えて仕方ない

世界陸上選手権のことがテレビ・新聞で報道されている
国籍はともかく黒人勢の活躍は際立ち、何時もながらのものがある
同じ黒人であっても西アフリカ系は短距離、東アフリカ系は長距離に強い
中でも品種改良された黒人、つまり米国黒人奴隷の子孫の身体能力は高い
人はそのことを口に出したがらない、今ではタブーとされているが、触れる

元々牧畜民である白人は奴隷を家畜とみて、運動能力の高い者を交配させた
白人たちにとって、高い商品価値・利用価値を持つ子供奴隷をつくるためである
アフリカから壮健な者を選別した上に、更に奴隷船航海の劣悪環境化での淘汰
中で生き抜いた黒人奴隷を人工交配、即ち人種改良を試み身体能力は高まった
今はそれらのことに口を拭って平然としているところが、白人の人種感覚の凄さ

米国の黒人は常に社会の最下層に在り続けていることの不可思議
移民社会とは、後から来た者が下に入り、先に来ている者が上に行くもの
黒人より後から来た東欧系白人、アジア系、ラテン系が黒人を越えて行く
何故か、それは奴隷黒人に家庭や家族が与えられなかったことが起因
家庭が文化を作り、家族がその文化を共有し、伝えて行くのが人類社会
それが、家畜として交配させられ、出来た子供は物心の付く前に売買された

民族の言葉も価値観も、人としての家庭・家族という文化土壌さえ奪われた
民族基盤を失い、自分の文化を持たない人達は向学思想が失われる
そして、後から来た他民族に次々と追い越され、何時までも最下層民でいる
個々には成功した黒人や大きな仕事を為した黒人は居るがそれはそれだけのこと
アイデンティティを喪失した人間集団に民族としての自立と進化は望めない
本当の奴隷解放とは、アイデンティティと自文化の尊厳を取り戻すことだと思う
真以って、白人とは罪作りな連中である

ここでY染色体遺伝子、父親の系統が黒人と同祖であるのは日本列島の人
つまり、DE型遺伝子から分れたE型集団がアフリカに出戻って今の黒人になる
同じくDE型から分れたD型集団は略絶滅し、チベット高原と日本列島だけに残る
日本列島がD型の最大集積地だという話は、縄文人に関して連載した通りである
支那や朝鮮、東南アジアの人々はO型でFR型系統から分れた、つまり白人と同祖
東アフリカ人に混ざって長距離を走る日本人選手に血は争えないと思って見たが
今回の日本マラソンはボロボロの結果、頑張れ日本人選手、血は水より濃し
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/767-c17046bf