2015092509090000 - コピー
裏の神社の坂道、ドングリが彼方此方に転がっている、まさにドングリコロコロである
「ハナ」の首輪をタスキに替えた、白タスキでは二百三高地の抜刀隊を連想するので赤にした
首輪が抜け易くなったので、車を恐れない上に目を悪くした「ハナ」にはこれで良かろうかと

今、女房殿は七時から十一時までの四時間に亘る歌謡番組を観ていなさる
私は寝間に行き、窓を開けて布団に転がり、十六夜 (いざよい)の月を眺めることにした
心地良い風が入る、このところ仲秋の名月といえども夏感覚であったが、今年は秋そのもの
テレビから懐かしい曲が聞えて来ると、夜空の月も幾星霜を越えた眺めに変わって目に映る
まま、人生の旅愁というものが味わえる歳になって来たのかな・・
夜風が寒くなって来た、然し窓は未だ閉めず、掛け布団を足にのせる
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/795-f7cdfda5