San_valentino.png
聖バレンタイン(ウァレンティヌス)像、誰が顔を知るのか・・

明日、二月十四日はバレンタインデー、聖バレンタインの殉教日である
同時に我が女房殿の誕生日でもある、聖バレンタインの生まれ変わり?
従って、私は女房殿からチョコレートをもらったことはない
毎年この日は私が女房殿に何か贈るか、ご馳走を作らせて頂くことになる
そもそも、バレンタインデーとは、チョコレートを贈るとは、調べてみた

古代ローマでは、兵士の結婚は士気を鈍らす元凶として禁止されていた
聖バレンタインは、兵士たちに結婚が認められないことに矛盾を感じていた
そして、若い兵士達の思いを入れて、密かに兵士達を結婚させた
しかし、ローマ法は絶対であり、聖バレンタインは、牢獄送りとなった
そこでローマ法に従うと一言言えば、おそらく大した罪にはならなかったろう
キリストの忠実な弟子であった彼は、自ら命と信ずるキリストの教えに従った
そして西暦紀元前二六九年年二月十四日に処刑されてしまったのであった
以来キリスト教徒は、このバレンタインを聖人として讃え、恋人の守護神として祭る
その殉教日の二月十四日を聖バレンタインデーと呼ぶようになったとか

さて、チョコレートを贈る風習は日本独自のものだそうだ
その起りは、菓子屋の宣伝で昭和十一年に神戸モロゾフが始めたというのが定説
現実には、昭和五十年頃から世の中に拡がり出した風習である
ところで、その贈るチョコレートの隠語というか呼称が面白い
愛する人に贈る「本命チョコ」、恋人までは行かないが、友人として贈る「義理チョコ」
同性(主に女性)間で贈り合ったりする「友チョコ」、男性が女性に贈る「逆チョコ」
男性が男友達に贈る「強敵(とも)チョコ」、自分で買って食べる「自己チョコ」、
まま、何となく、「自己チョコ」は惨めたらしい

私は四十数年、「逆チョコ」張りの誕生祝いをする羽目になっている
明日は葛城歴史博物館まで行く用があるので、晩は女房殿と外食しよう
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/895-bdc15f75