2016.03.07 〼々半升
s16_08.jpg
骨格から復元されたネアンデルタール人の少女

〼々半升、或いは升々半升で「ますますはんじょう」というコジツケがある
二升半の日本酒樽がめでたい時に送られたのはこのコジツケによるもの
今でも料理屋や居酒屋には二升半の日本酒が飾ってあるのを見掛ける
この土曜日曜は古代史好きの論客と大和盆地西部の山麓に遊ぶ
遠方からの御仁もあり、私は土曜日は三時前から知人の料理屋に陣取る
早々から一升瓶二本を出してもらい、薩摩切子片手に論客の来訪を待った
結局五人で日本酒二升半とビール一本を空け、九時に信貴山の宿舎へ

宿舎でも数々の話が入り乱れ、ごろ寝状態で三時頃まで論壇風発
人類の遺伝子話の一つに「デニソア人」の興味ある話が出た
「デニソア人」とは、五年前に南シベリアのデニソア洞窟で発見された旧人
欧州や中近東で発見されている旧人ネアンデルタール人の近縁らしい
まま、大雑把にいうと旧人ネアンデルタール人の東西分岐ということ
欧州の白人には二%程のネアンデルタール人由来の遺伝子が認められている
白い肌や金髪・碧眼がネアンデルタール人によってもたらされたというのが定説
我々の風談も医者二人に大学教授が加わってのこと故、話が少々小難しくなる

私が興味を持ったのは、チベット人や日本人に残るデニソア人の遺伝子の痕跡
日本人に多い糖尿病やチベット人の高地適応体質はデニソア人のものと云う
寒冷地適応したデニソア人は、少ない食糧で生きられるように燃費の良い体になった
よって、食糧が過ぎると糖尿病を生じさせ易く、遺伝性の糖尿病はその遺伝子とか
私はれっきとした血統書付の糖尿病患者である、四万年に得たデニソア人遺伝子
因みに、デ二ソア人の遺伝子が高い比率で残されているのは南方のメラネシア人
彼等の金髪体質が謎とされていたが、遺伝子の解析でデニソア人のものと目される

私は宣言した、今後は「デニソア井谷」と呼んでもらうことにする、と
然しながらである、最近にはスペインでもデニソア人の骨が発見されたという
では、ネアンデルタール人とデニソア人の関係は?と頭が混乱して来たので、私は寝た
日本人固有のY染色体遺伝子C1a1、近縁のC1a2はスペインの遺跡で見つかっている・・
日曜日は、信貴山を出て二上、葛城、金剛の山沿いを古代史散策である、ZZZ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/910-372a9d82