2016032310160000.jpg
今日は好天、春うららである、愛犬「ハナ」の冬毛はすっかり抜け落ちた
ハナを連れて心地良く散歩に出掛ける、ご近所の木々も花盛りであった

2016032310020000.jpg
連翹(レンギョウ)、ふつうの連翹と支那連翹と朝鮮連翹が知られているが見分け辛い
日本固有種は広島・岡山の大和連翹と小豆島の小豆島連翹があるらしいが、絶滅危惧種
昨日は甲子園中継を見ていた、小豆島高校は一点差で敗れたが清々しいものがあった

2016032310190000.jpg
辛夷(コブシ)、握りこぶし状の果実が名の由来とか
アイヌ語で「オマウクシニ」「オプケニ」と呼び、意味は「良い匂いを出す木」とか
私は千昌夫の歌謡曲「北国の春」で辛夷のことを知った

2016032309570000.jpg
紫木蓮(シモクレン)、ハネズやモクレンゲと呼ばれることもある
昔は木蘭(もくらん)と呼ばれたこともあるが、これは花がランに似ていることに由来する
今では、ランよりもハスの花に似ているとして木蓮(もくれん)と呼ばれるようになったとか

2016032310130000.jpg
雪柳(ユキヤナギ)、バラ科、先の記事の下野草の仲間である
支那原産とも日本原産とも云われているが、自生種は石川県で絶滅危惧種になっている

草花も撮った、また次回
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://houan7010.blog.fc2.com/tb.php/922-89503313